ホーム > 医療・福祉 > 【国保】  70歳からの医療費の負担割合について

【国保】  70歳からの医療費の負担割合について

70歳から74歳の方の窓口負担は法律上2割となっています。
なお、経過措置により平成26年4月1日までに満70歳となった方は1割負担となります。
詳しくは、次のとおりとなります。

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

70歳の誕生月の翌月(ただし、各月1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担が2割に
なります。
 (例)平成26年4月2日〜5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割

     ※現役並み所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
     ※後期高齢者医療の対象となる方は除きます。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(誕生日が昭和19年4月1日までの方)

平成26年4月以降も医療費の窓口負担は1割のまま変わりません。

     ※現役並みの所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
     ※後期高齢者医療の対象となる方は除きます。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 健康福祉課 健康推進グループ
TEL/ 0238−42−2114
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

医療・福祉

医療・福祉