ホーム > 医療・福祉 > 献血

献血

◎献血のお願い
 献血事業は、献血して下さる人の善意とかかわる人々の努力によって支えられています。
 科学技術が発達している現在でも、血液は人工的に造ることはできないのです。
 また、血液は生きた細胞なので、長い時間の保存もできないのです。
 万全な医療体制には、一定量の血液が保存されていることが必要です。

 1年間を通じて、血液の保存量が減る時期があります。
 具体的には、大型連休、お盆、年始年末、年度末が減少する時期です。
 また、冬季間も減る傾向から、2〜3月がもっとも保存量が減ります。

 医療機関で必要な血液の量を確保するためにも、献血へのご理解とご協力をお願いします。
◎400ml献血にご協力ください
 輸血を受ける患者さんの副作用(発熱、発疹など)発生の可能性を低くするために、医療機関では400ml献血の血液が約97%使用されています。
 現在、献血バスでは400ml献血だけの受付となっておりますので、ご理解とご協力をお願いします。
 なお、400ml、200ml、成分献血は、「献血ルームSAKURAMBO」で行えます。
 
◎川西町での献血
 役場や企業などで、献血バスによる献血を行っています。
 くわしい日程は、町健康福祉課にお問い合わせください。

 また、山形県赤十字血液センターのホームページの「献血バスがやって来る」に県内の献血バスの予定が載っています。
◎採血基準
全血献血
200ml献血
献血ルームSAKURAMBO
400ml献血
献血バス
1回献血量 200ml 400ml
年齢 16〜69歳※ 男性  17〜69歳※
女性  18〜69歳※
体重 男性 45kg以上
女性 40kg以上
男女とも50kg以上
最高血圧 90mmHg以上
献血間隔 次回は男女共4週間後の同じ曜日から献血可能
(なお、献血カードをご覧ください)
次回は男性は12週間後、女性は16週間後の同じ曜日から献血可能
(なお、献血カードをご覧ください)
年間総献血量 200ml献血と400ml献血を合わせて
男性1200ml以内
女性 800ml以内
※65歳以上の献血については、献血される方の健康を考え、60〜64歳の間に献血経験のある方に限ります。
◎血液検査をお知らせしています
 山形県赤十字血液センターでは、献血していただいた方の血液について、生化学検査・血球計数検査を全員に実施しています。
 検査結果は希望者に、おおむね2週間程度でお知らせしています。

 詳しくは山形県赤十字血液センターのホームページの「献血の方法・手順について」にアクセスしてください。
◎献血の情報について
 県内情報や献血について詳しくお知りになりたい場合は、山形県赤十字血液センターのホームページにアクセスしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 健康福祉課 健康推進グループ
TEL/ 0238−42−2114
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

医療・福祉

医療・福祉