ホーム > 子育て > 病児保育

病児保育

病児保育とは

 ふだん保育所等に通っているお子さんが、風邪などにかかり、集団での保育ができずに自宅での保育を余儀なくされている期間、専門の看護師のいる施設で一時的にお子さんをお預かりし、保護者の子育てと就労の両立を支援していくものです。


場   所:病児保育施設 美女木げんき保育園「げんきルーム」
       川西町大字上小松915−5
       TEL 0238−42−3656

利 用 日:月曜日〜土曜日【休日:日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)】
       午前8時〜午後6時
       ※症状、体調により受入時間を短縮する場合があります。

利用登録:事前登録が必要です。登録手続きは町教育委員会教育総務課及び
       美女木げんき保育園で受け付けします。(病児保育事業利用登録書は、町内の保育所、
       幼稚園にも準備してあります。)

利用方法:医療機関(かかりつけ医)を受診し、主治医確認欄を記入していただき、
       病児保育事業利用連絡票を提出してから利用できます。

利用期間:1回につき連続する7日以内

定   員:1日3名(生後2ヶ月から小学3年生まで)

利用料金:1日2,000円(5時間利用までは1,000円)
       ※昼食代は、別途250円がかかります。

対象となる疾患:
      ・感冒、消化不良(多症候性下痢)等、児童が日常罹患する疾病。
      ・水痘、風疹等の感染症疾患。
      ・喘息等の慢性疾患、骨折等の外傷性疾患。
      ・その他、集団保育が困難であると医師が判断した疾患。
      ※病気の症状によっては、お預かりできない場合もあります。

ご利用のしかた

1 「げんきルーム」を利用できるか、問い合わせをします。
病気の状況や定員の関係で、利用できない場合がありますので、利用の可否について必ず電話でお問い合わせください。
美女木げんき保育園で受付します。⇒ 電話 0238−42−3656
※受付時間 ⇒ 月曜日〜土曜日 午前7時〜午後7時

2 医療機関(かかりつけ医)を受診し、病児保育を利用する旨を主治医にお話しください。主治医確認欄を記入していただき「病児保育事業利用連絡票」を提出した上での利用となります。
※利用連絡票は、病院に置いていない場合があります。登録時にお渡ししますので、事前に準備してください。
※必要に応じて、かかりつけ医にこちらから確認させていただく場合がありますので、ご了承ください。

3 「げんきルーム」に予約をします。
診察終了後、「げんきルーム」に電話予約をしてください。
※必ず事前に電話をし、利用の日時と時間を予約してください。その際、持ち物などの確認をさせていただきます。
電話予約なしでは利用できませんのでご注意ください。

4 予約がとれたら「げんきルーム」へお越しください。
利用連絡票を「げんきルーム」に提出してください。持ち物は以下の通りです。
☆利用連絡票、処方された薬(昼の分)、飲み物、着替え、ビニール袋(2〜3枚)
☆必要に応じて…おむつ数枚、おしり拭き、ミルク、哺乳瓶、食事用エプロン、おしぼり(2〜3枚)、
  ガーゼハンカチ
※昼食やおやつを持参される方は、飲み物等もご自由に持参されてかまいません。

5 お迎えについて
お迎えは、午後6時までお願いします。延長保育はできません。
※お迎えの方が変更される場合は必ずご連絡ください。

6 その他
☆前日に予約を行い、当日キャンセルする場合は、午前7時30分までキャンセルの連絡をお願いします。
☆病状によっては利用時間内でも、お迎えをお願いすることがあります。

川西町病児保育事業利用登録書 PDFファイル (176KB)
川西町病児保育事業利用連絡票 PDFファイル (140KB)

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 教育委員会教育総務課 子育て支援グループ
TEL/ 0238−42−6671
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

子育て

子育て