ホーム > くらし > 窓口業務(住民異動)

窓口業務(住民異動)

住民異動について

◆ 住民基本台帳とは
 町民の皆さんの住所や、家族構成などを記録、証明するのが住民基本台帳です。選挙人名簿への登録、就学、国民健康保険、国民年金、介護保険など各種行政サービスの基礎となるものですので、異動のあるときは必ず所定の期間内に届出してください。
◆ 引っ越して来たとき、引っ越して行くとき
 よその市区町村から川西町に引っ越してきたときは14日以内に転入届をしてください。川西町からよその市区町村に引っ越して行くときは、 引っ越しの当日までに転出届をしてください。また、町内で住所を移すときも、引っ越しの日から14日以内に転居届をすることが必要です。
 このほか住民異動関係の届出には、世帯主変更届・世帯分離届・世帯合併届などがあります。
◆ 住民異動届時に「本人確認」を行います
平成17年10月1日から、第三者による本人になりすました転入・転出届等を防止するため、住民異動の手続きの際に本人確認を行っています。
 ◎対象となる届出…転入・転出・転居届
 ◎対象者…窓口に届出書を提出される方(本・代理人等全ての方)
 ◎本人確認の方法…
 (1)官公署発行の顔写真付の身分証明書(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
 (2)上記のものがない場合は身分を証明できるもの複数(年金手帳、年金証書、健康保険証、預金通帳など)

※なお、身分証明書等を持参されない場合は、窓口で聞き取りによる確認をさせていただきます。また、本人確認ができなかった場合には、異動者本人宛に届出があった旨の通知書を郵送させていただく場合があります。
住民異動に関する主な届け出一覧
窓口に持参するもの 注意点


(1)印鑑(届出人のもの)
(2)転出証明書
・町内に転入した日から14日以内に届出。
・届出人原則として本人ですが、世帯員が代わりにこの届出をすることができます。


(1)印鑑(届出人のもの)
(2) ・国民健康保険証(加入者)
  ・後期高齢者保険者証
(3)高齢受給者証および子育て支援医療者証(交付されている人)
(4)介護保険証(加入者)
(5)印鑑登録証(登録している人)
・転出する日まで届出。
・転出先の住所(詳しく)
・届出人原則として本人ですが、世帯員が代わりにこの届出をすることができます。


(1)印鑑(届出人のもの)
(2) ・国民健康保険証(加入者)
  ・後期高齢者保険者証
(3)高齢受給者証および子育て支援医療者証(交付されている人)
(4)介護保険証(加入者)
・町内で転居した日から14日以内に届出。
・届出人原則として本人ですが、世帯員が代わりにこの届出をすることができます。

◎受付時間 平日 午前8時30分〜午後5時

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 住民生活課
TEL/ 0238-42-6615
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

くらし

くらし