ホーム > くらし・手続き > 住宅・土地 > 川西町空き家バンク物件一覧

川西町空き家バンク物件一覧

更新情報
空き家バンクの物件情報を更新しました(No.32)

川西町の地区別マップ

 (地図をクリックすると地区情報がご覧いただけます)

紹介可能な物件

【No.26】犬川地区(売却のみ)

(画像をクリックすると物件詳細がご覧いただけます)

車庫・作業場付き8DK、広い庭や畑が付いています!

面積:993.13㎡

売却:450万円

備考:

1)不要家財は入居者負担で撤去が必要

2)屋根、軒天、天井、床や畳に傷み・汚れあり

3)水回りやボイラーの修繕が必要

4)合併浄化槽およびトイレの新設が必要

5)敷地内に石碑(巳待塔)あり

6)室内にネズミ等が発生した形跡あり

7)管理敷地が広め

 

【No.30】中郡地区(売却のみ)

(画像をクリックすると物件詳細がご覧いただけます)

昭和2年築、県道沿い木造2階建7Kの物件です!

面積:608.13㎡

売却:250万円

備考:

1)不要家財は入居者負担で撤去が必要

2)外壁、床、畳、天井等に破損・傷みあり

3)ボイラーの新設が必要

4)上水道接続なし(地下水利用)

5)合併浄化槽およびトイレの新設が必要

 

【No.31】中郡地区(売却のみ)

(画像をクリックすると物件詳細がご覧いただけます)

車庫・広い庭付き木造2階建10DK、水洗トイレの物件です!

面積:855.13㎡

売却:250万円

備考:

1)不要家財は入居者負担で撤去が必要

2)屋根、外壁、床、畳、天井等に破損あり

3)電気・水回りやボイラーの修繕が必要

4)和室、玄関、台所等に雨漏りあり

5)室内にネズミ等が発生した形跡あり

6)管理敷地が広め

 

【No.32】中郡地区(売却/賃貸)

(画像をクリックすると物件詳細がご覧いただけます)

作業場・広い庭付き木造2階建4LDK、水洗トイレの物件です!

面積:1,748.72㎡

売却:1,200万円

賃貸:10万円/月

備考:

1)一部床の修繕や畳の入替えが必要

2)購入者負担で浄化槽の設置が必要

3)管理敷地が広め

 

成約済み物件(文字をクリックすると画像がご覧いただけます)

【No.1】東沢地区(成約済み)   【No.17】小松地区(成約済み)

【No.4】中郡地区(成約済み)   【No.18】東沢地区(成約済み)

【No.5】犬川地区(成約済み)   【No.19】犬川地区(成約済み)

【No.6】大塚地区(成約済み)   【No.20】大塚地区(成約済み)

【No.7】中郡地区(成約済み)   【No.21】大塚地区(成約済み)

【No.8】大塚地区(成約済み)   【No.22】吉島地区(成約済み) 

【No.9】玉庭地区(成約済み)   【No.23】中郡地区(成約済み) 

【No.10】小松地区(成約済み)   【No.24】中郡地区(成約済み) 

【No.11】中郡地区(成約済み)   【No.25】小松地区(成約済み)

【No.12】小松地区(成約済み)   【No.27】小松地区(成約済み)

【No.13】小松地区(成約済み)   【No.28】小松地区(成約済み)

【No.15】小松地区(成約済み)   【No.29】玉庭地区(成約済み)

【No.16】犬川地区(成約済み)  

 

空き家バンクの概要

申請書ダウンロード

 【空き家所有者の方 対象書類】

   1「川西町空き家情報登録制度要綱」PDFファイル(139KB)

   2「川西町空き家バンク登録申込書(様式第1号)」PDFファイル(105KB)

   3「川西町空き家バンク登録カード(様式第2号)」PDFファイル(168KB)

   4「委任状(※必要な場合)」PDFファイル(68KB)

   5「誓約書兼情報公開承諾書」PDFファイル(94KB)

 

 【空き家利用希望者の方 対象書類】

   1「川西町空き家情報登録制度要綱」PDFファイル(139KB)

   2「川西町空き家バンク利用登録申込書・誓約書」PDFファイル(131KB)

   

  空き家バンク制度の「Word版」申請書等のダウンロードはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

  (クリックすると専用ページに移動します)

 

空き家バンクQ&A

Q1 「空き家バンク」とは?

 空き家の売却、賃貸等を希望する所有者から申込みを受けた「空き家情報」を、空き家 への入居等を希望する方(以下、利用希望者という)へ紹介する仕組みのことです。町・やまがた里の暮らし推進機構のホームページ等に掲載し紹介いたします。

 

Q2 対象となる「空き家」とは?

 川西町内にある「居住用の建物」で、現在使用していない建物が対象となります。なお、 使用しなくなる予定の建物も含みます。

 

Q3 空き家バンクをどうして始めるか?

 近年、少子高齢化や過疎化等によって、全国的に空き家が増加しております。中でも、十分に管理されていない空き家の増加は社会問題になっております。川西町では、そのような空き家の解消に向けて、平成25年3月より「川西町空き家等の適正管理に関する条例」を施行し、空き家の所有者等に対し適正な管理をお願いしております。また、空き家のある自治会や近隣の方々には、空き家の適正管理について、日々ご協力をいただいている状況です。このような情勢を踏まえ、今後、空き家化する住宅をなるべく増やさないために、空き家の有効活用を促進する「空き家バンク」制度を始めました。

 

Q4 空き家バンクの目的とは?

  活用可能な空き家の情報を公開し、有効活用に結びつける仕組みを通して、管理されない空き家による住環境悪化の防止、移住の促進や地域活性化を図るためです。

 

Q5 空き家バンクには、誰でも空き家を登録できるのか?

 空き家の所有権を持ち、物件の賃貸・売買ができる人になります。なお、町内の物件を所有されている方であれば、町外に住んでいらっしゃる方でも登録可能です。

 

Q6 登録して良いことはあるのか?登録に費用はかかるのか?

  空き家の賃貸や売却が成立した場合、休眠資産の有効活用が図られます。また、建物を放 置したままにしておくと劣化も進みます。劣化した空き家は、防犯、防災や景観の面でも 好ましくありません。 空き家バンクの登録に費用はかかりません。ただし、提出書類の取得等に対し、各手数料が掛かる場合があります。

 

Q7 空き家バンクに空き家を登録する場合には、何が必要か?

 登録には、㋐申込書(別記様式第1号)、㋑空き家の登録カード(別記様式第2号)、㋒身分を証するもの(運転免許証の写し等)、㋓登録空き家の登記簿謄本の写しをご提出ください(申請書等は上記専用ページからダウンロードください)。申込書等の内容と現地の確認をさせていただき、適当と認めた場合、川西町空き家バンク台帳に登録します。登録後は、町・やまがた里の暮らし推進機構のホームページ等に掲載し紹介いたします。

 

Q8 空き家バンクに登録した後、変更や取消をしたい場合は?

 変更がある場合は、「空き家バンク登録変更届」(別記様式第4号)と、変更箇所を明記した空き家の登録カード(別記様式第2号)をご提出ください。取消したい場合は、「空き家バンク登録取消届」(別記様式第5号)をご提出ください。なお取消届の提出の他、以下の場合にも空き家バンク登録の取消しがなされます。

・空き家バンクに登録してから、3年が経過したとき ※再登録も可能です

・売買および賃貸借が成立し、所有者その他の権利に異動があったとき

・その他町長が適当でないと認めたとき

 

Q9 川西町役場でなんでも保障してくれるのか?

 川西町役場では、あくまでも空き家所有者と利用希望者の橋渡し(連絡調整)のみを行います。空き家バンクは、空き家の管理や利用者の決定をお約束するものではありません。

 

Q10 契約まで川西町で行ってくれるのか?

 川西町は、売買や賃貸の交渉・契約に関して仲介行為は行いません。価格などの交渉・契約は、所有者と利用希望者の当事者間で直接取り交わしてください。

 ※契約等に関する一切のトラブル等については、当事者間で誠意をもって解決をお願いいたします。

 

Q11 固定資産税などの税金、火災保険は?

 空き家の所有者が支払うことになります。

 

Q12 家の痛みが激しいが、登録してもいいか?修繕や取替え等しなくてもいいのか?

 利用希望者の方も、現地見学の際、家の状況や水回り等設備の状況を確認します。その上で、修繕等必要なものはどちらが費用を負担するか、所有者と利用希望者の双方で協議し契約してください。

 

Q13 雪降ろし等の管理はどうなるのか?

 家の雪降ろしや清掃、草刈などの管理は、利用者が決まるまで所有者の責任で行う必要があります。売買や賃貸が成立した後には利用者が行います。

 

Q14 知らない人に売ったり貸したりするのは、少々不安がある。

  利用希望者からは、川西町の生活文化、自然環境等に理解を深め、自治会に入会し、居住者としての自覚を持ち、良い地域住民の一員となることについて誓約書を提出していただきます。また、売主(貸主)、買主(借主)双方の合意により売買契約、賃貸借契約を締結するため、所有者が買主(借主)を選択することは可能です。

 

Q15 家の中の家財道具を置いたままでも大丈夫か?

 家財や家電製品のなどの処分は、原則として所有者がしなくてはなりませんが、利用希望者が使用してもかまわないものがあれば、双方で相談して決めることになります。

 

Q16 家族が所有している建物を、登録するのは可能か?

  申込者は、空き家所有者本人となります。ただし、やむを得ず登録手続きをご家族や納税義務者等が代理でする場合には、空き家所有者からの委任状が必要です。なお、代理手続きにおける身分証の提示は、所有者と代理者の2名分をお願いいたします。

 

Q17 売主または貸主の責任はあるか?

 物件について、瑕疵(かし:いわゆる欠陥)がある場合、きちんと買主または貸主に伝えないと民法の瑕疵担保責任を問われる可能性があります。瑕疵がある場合には、きちんと説明し契約書に重要事項として記載してください。

 

Q18 空き家バンク登録後は、どのような流れになるか?

 空き家利用の希望があった場合、町担当者から空き家所有者へ連絡し、内覧立ち合いの日程調整等をいたします。どのように交渉を進めるかは、当事者間の話し合いにより異なります。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 交流観光グループ
TEL/ 0238‐42‐6668
MAIL/ メールによるお問い合わせ