ホーム > くらし > 平成27年度より国民健康保険税の一部が改正になりました。

平成27年度より国民健康保険税の一部が改正になりました。

平成27年度からの改正点は ・賦課限度額の引き上げ ・軽減対象の拡大 です。  

◎賦課限度額の引き上げ
 国民健康保険税は医療分、支援金分、介護分で構成されており、それぞれ賦課限度額を設けています。その限度額が次の通り引きあげられました。
賦課限度額 改正前 改正後
医療分 51万円 52万
支援金分 16万円 17万
介護分 14万円 16万
◎軽減対象の拡大
 国民健康保険税は、納税義務者(世帯主)及び国民健康保険の被保険者の所得金額の合計が一定額以下の場合、均等割及び平等割が軽減されます。その判定区分が次のとおり改正されることに伴い、軽減の対象が拡大されました。
軽減対象 判定区分 判定区分
軽減割合 改正前 改正後
7割 33万円以下 33万円以下
5割 33万円+(24.5万円×被保険者数)以下 33万円+(26万円×被保険者数)以下
2割 33万円+(45万円×被保険者数)以下 33万円+(47万円×被保険者数)以下

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 税務会計課 町税グループ 
TEL/ 0238-42-6622

くらし

くらし