ホーム > くらし > 冬期間の水道料金の精算方法

冬期間の水道料金の精算方法

 冬期間の水道料金の精算は、冬期間の使用水量(前年11月検針日から精算検針日までの使用水量)を使用した月数で割った水量で再計算します。
 ただし、12月分から精算月前月分までの料金は、10・11月の使用水量の平均水量(概算水量)で計算した概算料金で納付いただいておりますので、再計算した料金から概算料金の合計額を差し引いた金額が精算料金となります。
 具体的な計算例は下記のとおりです。


【例1:4月に検針を再開し精算した場合】

メーター口径      13ミリメートル
概算水量・料金    22立方メートル・5,713円
検針・精算月      4月
冬期間の使用水量  143立方メートル ※「使用水量等のお知らせ」票内「使用水量」を参照ください。

(1)前年11月検針日から4月検針日までの使用水量143立方メートルを、5ヶ月で平均した水量で冬期間各月の料金を再計算します。水量に端数がある場合は12月から1立方メートルずつ加算します。

    12月分( 29立方メートル)  7,565円
     1月分( 29立方メートル)  7,565円
     2月分( 29立方メートル)  7,565円
     3月分( 28立方メートル)  7,300円
     4月分( 28立方メートル)  7,300円
    合  計(143立方メートル) 37,295円 … (ア)


(2)12月分から3月分までの概算料金を合計します。

    12月分( 22立方メートル)  5,713円
     1月分( 22立方メートル)  5,713円
     2月分( 22立方メートル)  5,713円
     3月分( 22立方メートル)  5,713円
    合  計              22,852円 … (イ)


(3)再計算した冬期間の料金の合計(ア)より、12月分から3月分までの概算料金の合計額(イ)を差し引いたものが4月分の請求金額になります。

    (ア)37,295円 − (イ)22,852円 =14,443円 ≪精算料金≫


※ 精算料金より概算料金の方が上回った場合は、上回った金額を4月分以降の料金に充てさせていただきます。
※ 実際に精算料金を納付いただくのは5月になります。



【例2:5月に検針を再開し精算した場合】

メーター口径      13ミリメートル
概算水量・料金    22立方メートル・5,713円
検針・精算月      5月
冬期間の使用水量  143立方メートル ※「使用水量等のお知らせ」票内「使用水量」を参照ください。

(1)前年11月検針日から5月検針日までの使用水量143立方メートルを、6ヶ月で平均した水量で冬期間各月の料金を再計算します。水量に端数がある場合は12月から1立方メートルずつ加算します。

    12月分( 24立方メートル)  6,242円
     1月分( 24立方メートル)  6,242円
     2月分( 24立方メートル)  6,242円
     3月分( 24立方メートル)  6,242円
     4月分( 24立方メートル)  6,242円
     5月分( 23立方メートル)  5,977円
    合  計(143立方メートル) 37,187円 … (ア)


(2)12月分から4月分までの概算料金を合計します。

    12月分( 22立方メートル)  5,713円
     1月分( 22立方メートル)  5,713円
     2月分( 22立方メートル)  5,713円
     3月分( 22立方メートル)  5,713円
     4月分( 22立方メートル)  5,713円
    合  計              28,565円 … (イ)


(3)再計算した冬期間の料金の合計(ア)より、12月分から4月分までの概算料金の合計額(イ)を差し引いたものが5月分の請求金額になります。

    (ア)37,187円 − (イ)28,565円 = 8,622円 ≪精算料金≫


※ 精算料金より概算料金の方が上回った場合は、上回った金額を5月分以降の料金に充てさせていただきます。
※ 実際に精算料金を納付いただくのは6月になります。



● 準備料金及び水量料金の金額についてはこちらをご参照ください。
● 下水道使用料の精算方法も水道料金の精算方法に準じます。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 地域整備課上下水道グループ
TEL/ 0238-42-6653

くらし

くらし