ホーム > くらし > SMSを用いて金銭を支払わせようとする事業者に関する注意喚起

SMSを用いて金銭を支払わせようとする事業者に関する注意喚起

SMSを用いて有料動画サイトの未払料金名目等で金銭を支払わせようとする
「株式会社DMM.comをかたる事業者」に関する注意喚起

 平成27年5月以降、消費者の携帯電話に、「DMM:有料動画の閲覧履歴があり、登録解除をその日の
うちに事業者に連絡しないと身辺調査及び強制執行の法的措置に移行する。」などと書かれた
SMS(ショートメッセージサービス)を送信し、連絡してきた消費者を威迫して有料動画の未払料金等を
請求する事業者に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

※株式会社DMM.com及びそのグループ会社等が提供している各種サービスや、同名又は類似の事業者
と間違えないよう御注意ください。

アドバイス

○事業者から「有料動画サイトの閲覧履歴があり・・・至急ご連絡ください。」と記載されたSMSが
 届いても、事業者には連絡せずに消費生活センター等に相談しましょう。
○ 身に覚えのない有料サイトの料金請求には応じないようにしましょう。
○ 事業者が消費者に「ギフトカードを購入して、カード番号等を教えてくれ。」とか「ギフトカードを購入して、
 カード番号等を写真に撮ってメールで送ってくれ。」などと依頼するのは詐欺の手口です。事業者から
 依頼されてもギフトカードを購入したり、そのカード番号等を教えたりすることは、絶対にしないように
 しましょう。
○ 事業者からの請求に応じて一度でも未納料金等を支払ってしまうと、それ以降も、金銭の支払を請求
 されるおそれがあります。請求内容に正当な根拠のない請求には、応じないようにしましょう。

連絡先

 このような取引に関して不審な点があった場合は、各地の消費生活相談窓口
 (消費生活センター等)や警察に相談しましょう。

 ◆ 置賜消費生活センター
   電話番号 0238‐24‐0999

 ◆ 消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター等を御存知でない場合)
   電話番号 188(いやや!)

 ◆ 警察相談専用電話
   電話番号 ♯9110

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 住民生活課 生活環境グループ 生活安全チーム
TEL/ 0238‐42‐6616

くらし

くらし