ホーム > 教育・文化 > 黒川のツクシガヤ

黒川のツクシガヤ

黒川(くろかわ)のツクシガヤ  県指定天然記念物

〜知らなかったらただの草、離隔分布の謎を持つ地味な天然記念物!〜

黒川のツクシガヤ 写真

学名 chikusichloa aquatica Koidz

 ツクシガヤはイネ科の多年草で、九州一円を中心に、ほかでは奈良県天理市と川西町でのみ分布が確認されています。
 川西町の黒川流域では、犬川との合流点から上流10kmが自生地として県指定天然記念物の範囲となっていますが、 現在では自生するものはほとんどなくなり、範囲内に設置された3箇所の保護区で、種の存続と繁殖を図っているのが現状です。

参考文献
結城嘉美 石栗正人 「山形県のツクシガヤについて」 『最上川』
              1982年 山形県総合学術調査会

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 生涯学習課 生涯学習グループ
TEL/ 0238-44-2843
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

教育・文化

教育・文化