ホーム > 教育・文化 > 川西町生涯学習推進計画

川西町生涯学習推進計画

生涯学習推進計画

◎生涯学習ってなあに
最近、「生涯学習」という言葉をよく耳にします。この「生涯学習」とは、一人一人が生きがいのある、充実した人生を送るために自分から進んで行う学習のことを言います。ですからスポーツや文化活動、趣味、ボランティア活動など、人が自分の生活や生き方を楽しく豊かにするために行う活動が「生涯学習」なのです。
自分に合ったもの、自分が長く続けていけそうなものを、自分で選んで、自分のペースで学習していくのか生涯学習です。
では、どうして生涯学習が必要になってきたのでしょう。
第一に、学校で勉強することだけを学習というのではありません。人が自分の生活を楽しくするために行う活動も、立派な学習です。人の生涯そのものが学習の舞台だと、みんな考えるようになってきたのです。
第二に、人々が物質的な豊かさよりも、心の豊かさを大事にするようになり、求められる学習の種類もさまざまになってきました。 所得の向上、週休二日制などによる自由時間の増大、少子高齢社会の到来などにより生活の楽しみや生きがいを 求める学習や活動が活発になってきたのです。
第三に、科学技術の進歩や国際化、情報化が進み、それに合わせて知識や技術が次々に新しくなっていくため、 人々も常に新しい情報を取り込み、身につけていくことが必要になってきたのです。
◎川西の広場づくり
町では、このことを前提にして「生涯学習まちづくり」を進めていくことにしました。
川西町は、まちづくりの基本理念を「緑と愛と丘のあるまちの創造」とし、「緑に生まれ、愛を持って育ち、地域を見つめ丘に集う」という、 地域の生活文化を大切にしたまちづくりを進めています。いわゆる「学習」「創造」「交流」をテーマとしたまちづくりです。
このテーマをキーワードに、「まなぶ楽しさ」「築き上げるおもしろさ」「参加する喜び」を提案し、川西の広場をつくろうとするのが、 川西の生涯学習まちづくりです。
そして、その広場を支える人こそが「川西人」となるわけです。
◎ゆう歩道を探そう
そのための案内板として四つの「ゆう」歩道を設定し、その中から自分の「ゆう」歩道を探そうというものです。 いわゆる自己学習から地域学習へ、そして、生涯学習まちづくりへと発展していこうということです。

1.「心と体の裕歩道」(心と体の健康づくり学習)
自己実現に向けて、スポーツ・レクリエーション、健康、保健福祉、創造的人づくり学習を進めます。
2.「ゆとりと文化の遊歩道」(ゆとりと文化の香る暮らしづくり学習)
地域社会との連帯に向けて、生活のゆとりとくつろぎ、芸術文化活動を進めます。
3.「ふれあいと共同の誘歩道」(ふれあいと共同の地域づくり学習)
地域社会の仲間づくり、歴史文化、伝承、仲間との学び合い地域活動を進めます。
4.「緑と愛と丘の『ゆう』歩道」(緑と愛と丘のあるまちづくり学習)
自然との共存、生活・産業学習基盤づくり、川西人づくりを進めます。

 この四つの「ゆう」歩道を案内板に、「町民の豊かな生活と自己実現」を図る課題、「川西町の地域社会としての連携と活性化」を図るために、 「個人−地域社会」の軸、「心−環境」の軸を設け、豊かで創造的なまちづくりを進めていこうというものです。
 まちでは、その意味を込めて平成十二年三月に、「川西町生涯学習のまち宣言」を行いました。
◎みんながパートナー
私たちの住むこの地域を、生涯を通じて生きがいのある生活の場として築き上げていくためには、みんなで支えていかなければなりません。
そのため、町全体がそれぞれに相互理解をし、パートナーシップで結ばれたまちづくりを目指すことが大切です。
さまざまな「学び」を推進していくために、それぞれが自分の役割を再認識し、さらに、町民と行政の役割分担による環境整備が、 「活気に満ちた生きる喜びと明るく豊かなまちに住む喜び」を共に分かち合うことにつながります。
生涯学習図です

生涯学習の図2です

生涯学習の図3です

生涯学習のまちづくりにむけて

あなたの特技・技術を教えてください。
    グループの活動内容を教えてください。
◎学びの資源 バンク設置
町では、あらゆる年代の人が「学びたいこと」「やりたいこと」を自由に選択して学んでいける町をつくつていきたいと考え、 計画・体制づくりを進め、平成十二年三月『川西町生涯学習推進計画』を策定しました。
その中で、生涯学習情報のネットワークづくりに向け、学習文化活動を行っている個人・グループ等からの活動情報を収集整理しようと進めています。
そこで、平成十一年に続き、町民の方々の学習支援やグループ活動への参加推進に向けて、文化活動・趣味・スポーツ等様々な分野の指導者の方やグループを 「生涯学習人材・グループバンク」に登録していただき、紹介することにしました。
◎登録対象
登録できるのは、町内在住・町内勤務の方で、町や地域・学校などの行事や講座などにご協力いただける方です。 (すでに登録されている方は今後とも活用させていただきます)
また、グループについては、町内に活動拠点を置き継続的に活動をしている団体で、広く会員を募集している団体です。
◎特技・技術内容
内容は、芸術・スポーツ・社会生活・家庭生活・医学・言語・職業技術など、どのような分野・内容でも結構です。できるだけ具体的に教えてください。
例えば、紙芝居朗読、竹細工、○○地区の歴史、ストレッチ体操、中国語などいろいろです。
◎生涯学習標語募集
「生涯学習のまちづくり」を多くの方に理解していただき、推進していくためのキャッチフレーズとして、生涯学習標語を募集します。 詳細は事務局におたずねください。
例えば、「見る 聞く さがす 夢がある ひたち生き生き百年塾」「であい ふれあい まなびあい」「ゆとり都カレッジ」など。 ただし、未発表のものに限ります。
登録用紙

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 生涯学習課 生涯学習グループ
TEL/ 0238-44-2843
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

教育・文化

教育・文化