ホーム > 教育・文化 > 草木塔

草木塔

草木塔(そうもくとう)

〜草木の恩恵に感謝し、草木を供養する置賜独自の素朴な石碑〜

草木塔写真

 草木塔は、江戸中期の安永年間、上杉鷹山公の時代に建立されはじめた草木の魂を供養するための石碑です。 草木にも人間と同じように霊魂が宿り、その草木を伐り倒し恩恵を得ることに対する感謝と供養の心が込められています。
 全国的で100基に満たないとされる草木塔のうち、60基余りが置賜地方で確認され、そのうち19基が川西町にあります。
素朴さと優しさを感じさせるその石碑は、草木への感謝の思いをこめ、静かに風景な中にあります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 生涯学習課 生涯学習グループ
TEL/ 0238-44-2843
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

教育・文化

教育・文化