○川西町産米改良表彰規則

昭和42年3月31日

規則第5号

(目的)

第1条 町長は、安全・安心・売れる米づくりを推進しその年度内において売渡米の成績優秀な生産者並びに産米改良組合を表彰し、意欲の向上を図ることを目的とする。

(表彰の種類及び員数)

第2条 表彰の種類及び員数は、次のとおりとする。

(1) 生産農家

農業協同組合、支店及び川西集荷組合単位で売渡米2万俵以内1名、5万俵以内2名、5万俵を超えるときは3名以上とする。

ただし、1名の場合売渡米の下限を1万俵とする。

(2) 産米改良組合

本町内に現存する産米改良組合より2組合以内とする。

(選考基準)

第3条 選考の基準は、次のとおりとする。

(1) 生産者

産米改良に熱意を有し、耕作面積に対する予約売渡量も適正にして乾燥、調整、包装、荷作り、内容量等良好で上位等級米の占める比率が大きいもの。品種は川西町産米改良協会推進品種を原則とする。売渡米の成績は、その年の12月末現在の実績により選考する。

(2) 産米改良組合

その年度中の産米改良組合活動が活発で予約売渡し並びに検査成績、計画検査の遂行度合、品種の選定その他産米改良諸点に良好な実績を収め他の模範となる場合

(選考及び推薦の要領)

第4条 生産者表彰は、集荷業者が選考基準に基づき、担当検査官と協議の上選考し、町長に推薦する。

2 産米改良組合表彰は選考基準に基づき、山形農政事務所地域第三課長が必要と認める関係機関と協議の上町長に推薦する。

(推薦書様式)

第5条 生産農家の推薦は、別記様式第1号、同じく産米改良組合の推薦は別記様式第2号による。

(推薦の期日)

第6条 推薦の期日は毎年度1月20日とする。

(表彰の決定)

第7条 町長は推薦された生産者並びに産米改良組合を慎重に検討の上、毎年2月20日までに決定する。

(表彰の実施)

第8条 町長は毎年度中実行組合長大会若しくは産米改良協会総会席上において予算の範囲内で表彰する。

附 則

この規則は、昭和42年4月1日から施行する。

附 則(平成元年3月27日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年2月16日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年度においては、第6条中「毎年度1月20日」とあるのは「毎年度2月20日」と、第7条中「毎年2月20日」とあるのは「毎年3月10日」と読み替えるものとする。

画像

画像

川西町産米改良表彰規則

昭和42年3月31日 規則第5号

(平成17年2月16日施行)