ホーム > 産業・観光 > フレンドリープラザ(遅筆堂文庫)

フレンドリープラザ(遅筆堂文庫)

遅筆堂文庫

遅筆堂文庫  本町出身の直木賞作家井上ひさし氏寄贈の蔵書約7万冊を開架し、昭和62年川西町にオープン、平成6年新設のフレンドリープラザ内に移転しました。
 現在も、「井上ひさし」氏より毎月本が送られており、蔵書数約13万冊となっています(平成13年3月現在)。作家の創作ノート等貴重な資料も多数所蔵しています。
 また、毎年著名な作家を招いての講演会や編集講座等の独自事業も行っています。


メニュー

遅筆堂文庫講演会
講演会 毎年著名な作家を招いて講演会を行っています。
回 数 開催期日 講 師 演 題
第1回 1990(H2) 11/ 4  長部 日出雄 『故郷は未知のフロンティア』
第2回 1992(H4) 3/24  椎名 誠 『辺境の食卓』
第3回 1993(H5) 1/30  つか こうへい 『新しい発想の仕方』
第4回 1993(H5) 11/14  大江 健三郎 『人を癒す文化』
第5回 1994(H6) 11/ 1  落合 恵子 『心、耕すとき』
第6回 1996(H8) 3/14  藤堂 志津子 『女と男の自由時間』
第7回 1996(H8) 12/14  荻野 アンナ 『あい・らぶ・Book・私の愛毒書』
第8回 1997(H9) 11/15  平岩 弓枝 『私の取材ノート』
第9回 1998(H10) 11/18  林 真理子 『私が描いた女たち』
第10回 1999(H11) 10/30  井上 ひさし 『ふるさとを語る』
第11回 2000(H13) 3/ 4  出久根 達郎 『読書の楽しみ』
第12回 2001(H14) 9/29  大沢  在昌 『ミステリーと私』
生活者大学校
生活者大学校 自分達の暮らしをもう一度見つめ直してみようという井上ひさし氏の呼びかけで実現した講座で、遅筆堂文庫の本を媒介に集える広場を目標にしています。(主催:こまつ座)

 毎年、農業・環境・文化の諸課題をテーマに全国各地から参加者を募り、2000年までに13回開催しています。 

 校長:井上ひさし  教頭:山下惣一
回 数 開催期日 テーマ
第1回 1988(S 63) 8/15〜18 『農業講座』
第2回 1989(H 元) 4/29〜5/ 1 『宮沢賢治・農民ユートピア講座』
第3回 1990(H 2) 8/17〜19 『地球と農業』
第4回 1991(H 3) 8/16〜18 『続・農業講座』
第5回 1992(H 4) 8/15〜17 『「協同」から暮らしのあり方を考える』
第6回 1993(H 5) 8/14〜16 『地域から文化を考える』
第7回 1994(H 6) 8/14〜16 『農民と芸能』
第8回 1995(H 7) 8/14〜16 『水と土の文化』
第9回 1996(H 8) 8/ 4〜 5 『水と土の文化/都市の責任・農村の責任』
第10回 1997(H 9) 5/26〜27 『憲法とは何か』
第11回 1998(H 10) 4/25〜26 『競争と共生』
第12回 1999(H 11) 4/24〜25 『憲法とは何か パート2』
第13回 2000(H 12) 9/15〜17 『ひょっこりひょうたん島』
特別講座
秋期 1993 (H 5) 10/30〜31 『図書館を考える』
春期 1994 (H 6) 6/ 4〜 5 『こども・本・図書館』
編集講座
編集講座 こまつ座『the座』編集長の小田豊二氏を講師に迎え、編集のノウハウを学ぶ講座で、毎年1回開催しています。
回 数 開催期日 講 師 テーマ
第1回 1992(H 4) 1/19  小田 豊二 『編集総論』
第2回 1992(H 4) 12/19  小田 豊二 『取材編』
第3回 1994(H 6) 1/29  小田 豊二 『レイアウト編』
第4回 1995(H 7) 2/19  吉岡 忍 『ライターの講座』
1995(H 7) 3/12  小田豊二・佐藤道弘  『レイアウト編』
第5回 1996(H 8) 2/24  小田 豊二 『実技おもしろいキャプションの作り方』
1996(H 8) 3/16  海老沢 泰久 『スポーツ・ジャーナリズムとは』
第6回 1997(H 9) 11/24  小田 豊二 『見出しのつけ方編』
1997(H 9) 12/13  湯沢 まゆみ 『駆け出し編集者の日常』
第7回 1998(H10) 3/21  小田 豊二 『インタビュー入門』
第8回 1999(H11) 3/14  小田 豊二 『インタビューの仕方』
第9回 2000(H12) 3/12  小田 豊二 『誰でもできる聞き書き入門』
第10回 2001(H13) 3/20  小田 豊二 『誰でもできる聞き書きの実践』
おはなしこんにちは
回 数 開催期日 講 師 テーマ
第1回 1991(H 3) 9/27  浜島 代志子 『楽しいおはなしのしかた』
第2回 1992(H 4) 11/20  浜島 代志子 『楽しいおはなしのしかた・その2』
第3回 1993(H 5) 10/21  浜島 代志子 『楽しいおはなしのしかた・その3』
第4回 1995(H 7) 2/11  佐々木 悦 『えっちゃんおばさんの昔語り』
1995(H 7) 3/ 4  萩生田 千津子 『絵本読み聞かせ』
1995(H 7) 3/22  澤登 翠 『瞼の母』『キートンの白人酋長』
1995(H 7) 9/24  神田 紫 『今だから講談・そんなあなたに
聞かせたい』
第5回 1996(H 8) 3/10  澤登 翠 『チャップリンのキッド』『鞍馬天狗』
第6回 1997(H 9) 3/19  澤登 翠 『街の灯』『血煙り高田の馬場』
第7回 1998(H10) 3/ 8  澤登 翠 『チャップリンの消防夫』『豪勇ロイド』
『セブン・チャンス』
第8回 1999(H11) 2/28  澤登 翠 『チャップリンのスケート』
『生まれてはみたけれど』
第9回 2000(H12) 2/11  澤登 翠 『ドタバタ撮影所』『出来ごごろ』
第10回 2001(H13) 2/10  澤登 翠 『チャップリンの黄金狂時代』
『旗本退屈男』
遅筆堂文庫シンポジウム
1988年3月  遅筆堂文庫シンポジウム 『図書館を使いこなそう』
講師 松坂俊夫・藤野幸雄・井上ひさし
司会 小田豊二
遅筆堂文庫シンポジウム
遅筆堂文庫展 1998年1月開催の井上ひさし・遅筆堂文庫展
遅筆堂文庫堂則

井上ひさし氏直筆の『遅筆堂文庫堂則』

本の画像 本には作家がつけた付箋やメモがそのままになっています。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 川西町フレンドリープラザ
TEL/ 0238-46-3311
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

産業・観光

産業・観光