ホーム > 産業・観光 > 認定農業者制度について

認定農業者制度について

〜町では、将来の担い手育成のため、認定農業者制度を推進しています!〜
●認定農業者制度
農業経営基盤強化促進法に基づき、これから農業でがんばっていこうという意欲ある農業者が、自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標を立てた計画)を市町村が認定し、同計画の達成に向けた取組を関係機関・団体が支援する仕組みです。同計画の認定を受けた農業者を、認定農業者と言います。認定農業者になると、税制上の特例や農用地の利用集積に対しての支援等を受けることができます。
●農業経営改善計画
農業経営の現状とおおむね5年後を目指した「農業経営規模の拡大」、「生産方式の合理化」、「経営管理の合理化」、「農業従事の態様の改善」など大きく4つの目標、その目標達成のための措置を記載した計画書です。

「農業経営改善計画認定申請書」(様式)
エクセルファイル (326KB)
●認定対象者
現在は兼業農家あるいは非農家であっても、高い収益と効率の良い経営農家を目指す意欲のある者であれば、1.個人法人の別、2.性別 3.専業兼業の別 4.経営規模 5.営農類型 6.組織形態 等を問わず認定の対象となります。
●認定基準
農業経営改善計画が、次の要件を満たしていることが必要です。
  1 市町村の基本構想に照らして適切であること
  2 達成可能な計画であること
  3 農用地の効率的・総合的利用に配慮したものであること
●支援制度
国、県、町の各段階において、認定農業者向けの支援施策や認定農業者に対する優遇措置などを設けています。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 産業振興課 農業グループ
TEL/ 0238-42-6642
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

産業・観光

産業・観光