ホーム > 産業・観光 > 農業者年金について

農業者年金について

◎農業者の老後のために
農業者年金は、農業者がより豊かな老後生活を過ごすことができるよう、国民年金(基礎年金)に上乗せした公的な年金制度です。平成14年の制度改正で積み立て方式の確定拠出型年金となり、年金額が加入者・受給者の数に影響されない安定した制度になりました。
●加入できるのはどんな人?
 国民年金の第1号被保険者で、年間60日以上農業に従事する60歳未満の人であれば、特に農地を持っていない方でも誰でも加入できます。経営主はもちろんのこと、配偶者や後継者も加入できます。

●保険料はいくら?
 保険料は、月額2万円から6万7千円までの間で千円単位で自由に選択でき、いつでも見直せます。また、要件を満たせば、政策支援(保険料の国からの補助)が受けられます。詳しくはお問い合わせください。

●脱退したらどうなるの?
 加入期間にかかわらず、支払った保険料は将来年金として受け取れます。

●その他の特色は?
 ア 農業者年金の保険料は全額社会保険料控除の対象となり、節税効果が望めます。
 イ 加入者や受給者が80歳までに死亡した場合には、80歳まで受け取れるはずだった年金が遺族に受給されます。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 農地課 農地グループ
TEL/ 0238-42-6605

産業・観光

産業・観光