ホーム > 産業・観光 > 相続などで、農地が自分の名義となった場合

相続などで、農地が自分の名義となった場合

農地の相続等の届出のお願い

 農地が相続などにより自分の名義になった場合、農地法第3条の3第1項の規定により、10ケ月以内に農業委員会への届出が必要です。

  届出が必要なもの
   1 相続
   2 法人の合併・分割
   3 時効取得 等

 まずは、農業委員会に届出が必要です。
      ↓
 農業委員会では、相続した人が地元を離れていて自分では農地を管理できない場合に、貸借や売買等のご相談を受け、相手の方を探すなどのお手伝いをします。


 ※相続等の届出の際は 認印 と 相続したことがわかる書類(登記完了証など)をお持ちください。

・農地法第3条の3第1項の規定による届出書 PDFファイル (109KB)

・農地法第3条の3第1項の規定による届出書 記入例 PDFファイル (165KB)

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 農地林務課内 農業委員会
TEL/ 0238-42-6605

産業・観光

産業・観光