ホーム > 産業・観光 > 川西産のおいしいお米

川西産のおいしいお米

川西産のおいしいお米 川西のお米のおいしさの秘密
川西町は、山形県南部の米沢盆地のほぼ中央部に位置し、町の南西部は飯豊連峰に連なるなだらかな丘陵地帯、北東部は一帯が平坦地として肥沃な水田が広がっています。 冬には周囲の山々に大量の雪が積もり、この雪が春から夏にかけて解け出し、農作物に欠かせない自然のミネラル分を 多く含んだ水が広大な水田を潤します。

また、気象条件も盆地特有の日中暑く、夜間涼しいといった、気温の寒暖差が大きいのが特徴です。 特に夏は稲が日中太陽の光をいっぱいに浴びて旺盛に成長し、夜はおいしさと栄養をじっくりと米粒に蓄えるといった、米が実るための最適な条件を兼ね備えています。
このように地形的、気候的に米づくりに最適な土地柄であったことから、昔から稲作が盛んに行なわれてきました。 このため米づくりの技術も高く、昭和43年には米の単収(水田10aあたりのお米の収穫量) 日本一となり、生産技術の高さは内外が認めるところです。
川西産のおいしいお米 米の主な品種は、米の食味ランキングで最高ランクの特Aに21年連続(平成26年現在)で格付けされた「はえぬき」、10年連続(平成26年現在)で格付けされた「コシヒカリ」を中心に、安心・安全・良食味の米づくりをしています。
また、平成22年に日本一美味しい米を目指して誕生し、デビュー以来5年連続(平成26年現在)で特Aに格付けされた「つや姫」の作付も行っています。

収穫後の米の品質管理にも力を入れており、特にカントリーエレベーターでは出荷直前まで籾で管理し「今摺り米」としてお米の味を落とさないように気を付けながら消費者にお届けしています。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 産業振興課 農業グループ
TEL/ 0238-42-6641
MAIL/ お問い合わせ先はこちら

産業・観光

産業・観光