ホーム > トピックス > 平成24年2月 オリンピックに思いをのせて

平成24年2月 オリンピックに思いをのせて

 今朝(9日)南陽警察署から酒気帯び運転により消防職員を現行犯逮捕したとの一報が入りました。本当に残念で悔しい限りです。町の名誉を傷つけてしまい町民の皆さんに心からお詫び申し上げます。早急に事件全容を把握し、厳正な処分を科すとともに、職員の綱紀粛正と一日も早い信頼回復に全力を挙げてまいります。誠に申し訳ございませんでした。
 今年も豪雪となりました。1日当たりの量はさほどでもないのですが、12月以来ずっと降り続き、昨年を超える積雪となりました。山間部では何回も屋根の雪下ろし作業に追われています。除雪中の事故や農業施設の被害も拡大し、町民生活を守るため豪雪対策本部を設置しました。道路除雪、雪下ろし支援等昨年同様の対策を実施してまいります。今しばらく降雪が続きます。これ以上事故が増えないよう、除雪作業には十分注意してください。
 ところで今年は7月にロンドンオリンピックが開催されますが、今その出場権を懸け各競技の最終予選が行われています。べにばな国体以来、町が力を入れてきたホッケー競技において、町民初のオリンピック選手誕生が期待されています。玉庭出身の小野知則君です。彼は、平成15年置農を卒業、天理大を経て、現在社会人のクラブチーム名古屋フラーテルに所属、ホッケー一筋に頑張ってきました。インターハイ、インカレの活躍が認められ全日本代表サムライジャパンの中心選手として数々の国際大会で活躍してきました。北京オリンピック最終予選では涙を飲んだものの、その雪辱を期し4月岐阜県で開催される最終予選で、たった1枚の切符獲得を目指しています。小野君は小柄ながら、豊富な運動量とトップスピードが持ち味です。スポーツマンらしく性格も素直で後輩の面倒見も良く人気選手に成長しました。何としても悲願の五輪出場を果たしてほしいものです。町民の皆さんにも力強い応援をよろしくお願いします。
 ホッケー競技は人工芝コートが会場となります。町では様々検討を重ねてきましたが、国体開催から20年の今年、人工芝のホッケー場を整備します。ホッケーだけでなく、ゲートボールやグランドゴルフなど多目的な利用ができるよう整備する予定です。町民の健康増進はもとより、このホッケー場から小野選手に続く選手がたくさん育つことを期待しています。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら