ホーム > トピックス > 平成24年5月 感動のひとときを

平成24年5月 感動のひとときを

 季節は山笑う春となりました。私の最も好きな季節です。好天が続き、コシアブラ、タラの芽など山菜も一気に葉が開き、あまり口にすることができませんでした。皆さんはいかがだったでしょうか。
 先月29日から三期目がスタートしました。当日は県縦断駅伝の最終日、地元南陽東置賜チームの応援が初仕事。昭和30年に第1回大会が開催されて以来、悲願の初優勝を勝ち取りました。わがチームの誇りは、唯一57回の大会すべてでタスキをつないできたことです。これまでの先輩方のご苦労に感謝しながら、新たな時代の幕開けを感じました。
 「川西夏まつり」実行委員会が発足しました。長い間続いてきた花笠パレードや奉賛獅子踊りが平成16年を最後に休止となりました。多くの町民、事業者の皆さんの協力により、盛大に開催されてきましたが、17年以降実行委員会の立ち上げや財政的な課題があり、実施できませんでした。この間多くの方から、開催要望が出され、獅子踊りの皆さんからもたくさんの方に見て欲しいとの思いをいただいてきました。町は開催に向け、20年から検討を進め、22年には町民の皆さんと川西のまつり検討委員会を開き、祭りの意義や実施のための課題を検討し、報告書をまとめていただきました。
 報告書では祭りの歴史、祭りが果たす役割、継続できなかった課題などを分析すること、祭りの核となる伝統文化を継承できるものとすること、成功させるために力を合わること、そして楽しく集うことにより郷土愛を育み人材育成につながるものとすること、経済効果や交流人口の拡大、町の活性化などなど考え合わせ、実施に当たっては「是非過去の反省と評価に学び、新たな町の伝統をつくるという発想に立たなければなりません」とまとめていただきました。これを受け、23年度、祭りの実施に向け、各地区、学校、神社関係、青年組織や各種団体の皆さんと懇談会を開催し、24年度の開催を確認してきました。
 開催日は8月5日(日)、震災への復興の願いを込め、子供から高齢者の方まで、町民みんなが参加し、楽しめるものにしていきます。我こそはと思われる方は、是非奮ってご参加ください。お祭りが来るのが楽しみだった子供のころを思い出します。子供たちに良い思い出をつくって欲しいな。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら