ホーム > トピックス > 平成25年度川西町民表彰式典

平成25年度川西町民表彰式典

 平成25年度町民表彰式典が11月3日(文化の日)に川西町役場議場にて行われました。表彰を受けられた方々の功績を讃え、その実績を御紹介します。

川西町表彰条例表彰

<保健衛生功労> 新澤 陽英 さん(66歳 山形市青田)
 平成3年度から24年度までの長きにわたる川西町肝機能検診事業において、本町の課題であったC型肝炎感染の実態を明らかにするとともに、感染者に対する検診の実施による肝がんなどの肝疾患の早期発見、早期治療を推進され、地域のC型肝炎対策の進展に貢献されました。
 また、町民を対象とした講演会等によりC型肝炎に関する正しい知識の普及啓蒙に努められるとともに、町内医師との連携の中で、肝疾患、特に、C型肝炎に対する疾病理解の促進及び最新治療情報の提供を行うことにより町民医療サービスの向上に寄与されました。
 平成14年4月から25年8月まで、公立置賜総合病院川西診療所で外来診療に携わられ、住民から厚い信頼を得られるとともに、平成20年度から24年度までは、公立置賜総合病院長として、町民の健康の維持増進はもとより公立置賜総合病院の発展に寄与された功績は大なるものがあります。
<社会福祉功労> 遠藤 良春 さん(63歳 川西町大字東大塚)
 平成2年4月に社会福祉法人川西福祉会に入職され、平成25年3月までの23年間にわたり社会福祉の増進に寄与されました。
 特に、平成3年7月に開所した川西福祉会が運営する特別養護老人ホーム「そよ風の森」には準備段階から携わられるとともに、平成4年4月から21年間、荘長として住民から信頼される施設運営に尽力されました。
 また、介護保険制度施行後は本町の介護保険事業計画策定委員、介護保険運営協議会・地域包括支援センター運営協議会委員及び介護認定審査会委員として、本町介護保険事業に参画され、当該事業の推進に寄与されました。
 平成23年4月から2年間は山形県老人福祉施設協会長を務められ、県及び本町の高齢者福祉の向上に寄与された功績は大なるものがあります。
<社会安全功労> 寒河江 輝文 さん(62歳 川西町大字洲島)
 昭和47年4月から平成25年3月まで、41年の長きにわたり川西町消防団員として幅広い活動に積極的に取り組まれました。
 平成16年4月からは、川西町消防団長として災害に強いまちづくりの実現に向け、地域住民の交流を含めた地域防災力の強化に努められました。この間、消防団員の指導はもとより消防力の充実に努められ、消防団活性化対策や消防施設の整備、装備の近代化を通して地域に密着した消防団づくりに寄与されました。
 また、山形県消防協会においては、平成21年から4年間、山形県消防協会東南置賜支部長の要職に就かれるとともに、平成23年から2年間は、山形県消防協会副会長として協会の円滑な運営と発展にも寄与されました。
 これら消防団活動に情熱を注がれ、地域住民の生命と財産を守る活動を積極的に実践されるとともに、地域社会の安全向上に尽くされた功績は大なるものがあります。

川西町長堀堰農業賞表彰

<川西町長堀堰農業賞> 齋藤 文明 さん(61歳 川西町大字大舟)
 山形県農業士制度が昭和52年に発足すると同時に青年農業士の認定を受け、以来、本町農業の基幹となる水稲及び和牛繁殖の複合経営を模範的かつ積極的に実践し、安定的な農業経営に取り組まれてきました。
 特に、和牛繁殖では、当時としては画期的な里山放牧に取り組まれ、「米沢牛」の素牛供給産地の基盤確立を図るとともに、肥育農家の負託に応える計画交配等の生産向上対策に尽力され、本町の畜産振興に大きく貢献されました。
 また、平成21年度から4年間、山形おきたま和牛改良組合長並びに川西和牛振興会長を歴任し、農業経営の指導者として本町農業全般にわたり振興発展に寄与された功績は大なるものがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 総務課 行政管理グループ
TEL/ 0238−42−6610
MAIL/ お問い合わせ先はこちら