ホーム > トピックス > 平成28年4月 田園回帰の流れを

平成28年4月 田園回帰の流れを

春本番を迎え、活気に満ちた季節となりました。入学式、入社式と新たなスタートを切られた皆さん、おめでとうございます。また退職や異動など新たな環境で生活が始まる皆さん、健康に留意され益々充実した日々をお過ごしください。
 四月から「かわにし未来ビジョン」町の10ヶ年計画がスタートしました。基本目標を「夢と愛を未来につなぐまち」〜田園回帰の時代の流れの中で〜 としています。これまでも町の課題は、人口減少、少子高齢化と言われてきましたが、未来ビジョンでもこの克服をめざしています。特に社会増減をゼロにする事を強く打ち出しています。進学就職などで転出する人と転入する人との差が年間百人くらいあり、このマイナスを故郷へ取り戻し、さらに新たな人を迎え入れる必要があります。若者の多くは将来町へ戻りたいとの思いを抱いており、就職をはじめ二分の三成人式や縁結び事業など、その受け皿を作ることが大事です。また、都市生活から地方へチャンスを求めている若者を、積極的に受け入れていくことも必要です。今後とも故郷へ帰ろう、川西で暮らしたいとの思いを後押しする施策を推進し、田園回帰の流れを作ってまいります。現在東京を中心に、移住定住フェアや交流イベントを展開してきましたが、その成果が着実に表れてきています。
 総務省の支援で実施している地域おこし協力隊の隊員は7名でしたが、今月から新たに4名が隊員に加わり、家族を含めると9名が町内に引っ越してきました。縁遠い所でしたが、農業を希望する人、遅筆堂文庫の資料整理を希望する方などそれぞれ町への思いを持ちながら、川西町の人や環境を好きになって移住を決断されています。任期は3年間ですが、隊員は永住したいとの希望を持ち、将来自立することを目標に頑張っています。地域の皆さんの協力がなければ彼らも力が発揮できませんので、今後とも隊員の応援をよろしくお願いします。
 今、都会から祖父母のところで新生活を始める人も増え「孫ターン」という言葉も生まれています。ぜひ川西で、自分らしい暮らしを見つけたいという意欲のある方を、たくさん迎えたいと思います。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら