ホーム > トピックス > 平成28年6月 母の会のみなさんありがとう

平成28年6月 母の会のみなさんありがとう

 田植えも終わり、夏の日差しが強く肌を焼く季節となりました。先月、「かわにし森のマルシェ」がオープンして1か月、お祭り騒ぎが過ぎこれから真価が問われますが、女性の活躍は素晴らしいです。「会社の株を買わないと出荷さんになべ」と質問されますが、誰でも申し込みをいただき、登録されれば出荷できます。出荷者には、毎日売り上げのメールが届き、月毎に販売代金が通帳に振り込まれ、それを励みに頑張っていただきたいと思います。そして他所の直売所で、何が売れているか、どんな工夫をしているかを研究し、「稼ぐ、儲けるマルシェ」そして「楽しいマルシェ」にしましょう。
 元川西第二中学校を整備、川西町交流館「あいぱる」が開館しました。まちづくりの施策の柱である交流の拠点施設として、各種イベントや会議スペース、遅筆堂文庫分室、埋蔵文化財資料展示館、宿泊施設も完備しました。体育館、グランドもあり利活用が楽しみです。さらに町の誇りとする5人の先輩方を紹介するアルカディア人物館も設置しました。開館に合わせ縁の方々に来町いただき、それぞれの人物像をご紹介いただきました。皆さん興味津々の話題ばかりで感激しました。今後一層充実して行きたいと思います。
 川西町交通安全母の会が50周年を迎えました。発足した昭和41年当時は、経済の高度成長と共にモーターリゼーションが進み、交通事故も多発、「交通戦争」と言われておりました。昭和45年には全国の交通死者数が1万6千人を超え過去最悪の非常事態となっています。自動車の増加に道路整備が追い付かず、歩行者、特に子供が犠牲になる事故が続きました。このような中、痛ましい死亡事故の根絶を願い「交通安全は家庭から」を合言葉に母の会が誕生、長年様々な活動を続け交通安全運動の中核をを担ってきました。「母親は、単なる家族の一員ではなく、まさに一家の『太陽』である」(森信三)、そして安全、安心の「安」のウ冠は家屋を意味しその中に女がいるのです。このように女性、母親の命を守る願いは崇高で偉大です。今月26日の午後、フレンドリープラザにおいて記念大会が開催されます。ぜひ多くの皆さんに参加いただき、一緒に母の会の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら