ホーム > トピックス > 平成28年8月 残暑お見舞い申し上げます

平成28年8月 残暑お見舞い申し上げます

 梅雨が明け、夏本番となりました。残暑が厳しい夏と予想されますので、水分をこまめに補給し元気にお過ごしください。
 町報が届く時には、夏まつりも終わっていますが、きっと素晴らしい思い出になるでしょう。「笑顔集マル 満天に花マル」今年も花火のお買い上げをはじめたくさんの皆さんにご協力いただきありがとうございました。感謝申し上げます。
 今年から「山の日」が新たな祝日となりました。みどりの日や海の日と同様自然に親しみ山の恵みに感謝し、次世代に引き継ぐため自然を守る意識を高めていきたいと思います。
 今年は春先から県内各地に熊の出没が報告されています。昨秋は栃の実やドングリが豊作だったので熊が増加し、また記録的な暖冬で、熊の行動が早まったものと思われます。町内でも餌を求め人家近くに出没していますが、これから秋が熊の活動も活発になりますので、十分注意してください。猿、イノシシの農作物被害も報告されています。
 川西の里山は、昔から薪や柴、炭焼きなどに活用されてきました。しかしエネルギー革命により石油が取って代わり山の活用は低下しました。山菜やキノコも山の手入れがないと採れなくなります。一方松枯れ、楢枯れが発生し業者による山林の皆伐が進み、航空写真を見ると山はびっくりするような惨状になっています。町内はほとんどが民有林のため、境界や所有者も分からず利活用できない所も出ています。山全体の生態系が崩れ、鳥獣被害が拡大しているようです。治山治水は地域の安全を守る大切な事業ですので、国等へ支援を要望しています。そして里山の活用は町の発展に欠かせませんので、自伐型林業など事業化を支援していきます。
 私は年に一度「山を楽しむ会」に参加しています。登山は肉体的に苦しく辛い時もありますが、平地では見ることのできない美しい景色や動植物に感動します。そして目標にたどり着いた時の喜びは格別です。私たちの周りに素晴らしい山がたくさんあることを誇りに思っています。ぜひ皆さんも山の楽しさを満喫されてはいかがですか。今年はどの山に登るか楽しみです。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら