ホーム > トピックス > 平成28年12月 丙申(ひのえさる)から丁酉(ひのととり)

平成28年12月 丙申(ひのえさる)から丁酉(ひのととり)

 24節季の大雪とともに雪化粧に包まれ、冬を感じる季節となりました。今年も残りわずか、まだやり残したこともあり、もう少し根雪は先にして欲しいなと思います。今年のいろいろなことを振り返り、たくさんのみなさんにまちづくりに御協力いただきました。心から感謝申し上げます。
 4月かわにし未来ビジョン(第5次総合計画)がスタートしました。「ひとづくり・ちいきづくり・しごとづくり」をテーマに「夢と愛を未来につなぐまち」をめざしています。第4次計画で取り組んできた「協働のまちづくり」を進化する「共創」、町民の皆さんと共に創るまちづくりを進めています。
 この10年間、みなさんと必死に取り組んできた協働のまちづくりは、現在、国が推進する地方創生のモデルとして高く評価されています。今月2日、農林水産省が主催する「ディスカバー農山漁村の宝全国30選」に、東沢地区協働のまちづくり推進会議が選ばれ、首相官邸で授賞式がありました。全国763地区の応募から選定されたもので、長年町田市との山村留学を通じた交流が農産物の流通に結びつき、1億円の販売実績を上げ地域の活性化が図られていること、そして地域戦略を練る夢里創造研究所設立など地域全体の協働まちづくり推進体制が高く評価されたものです。本当におめでとうございました。そして町にとってもうれしい表彰です。
 他の地区においても、素晴らしい取り組みが行われています。未来ビジョンに連携する各地区計画も作られ、さらに地域づくりが発展して欲しいと思っています。国が進める地方創生は、地域の自立であり、経済成長をどう生み出すかです。東沢地区の農産物販売を良い事例として、地域にある宝を生かす取り組みが求められています。まだまだやれる事があります。頑張りましょう。
 今年の申年は、各地の災害やトランプ現象をはじめ波乱万丈で暮れようとしていますが、来年は酉年です。酉の由来は「果実が極限まで熟した状態」とあり、酉のつく年は商売繁盛につながるそうです。皆さんにとって実り多い、幸せな年を迎えられますようお祈り申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら