ホーム > トピックス > 平成29年7月 インターハイの成功を

平成29年7月 インターハイの成功を

「命の危険があります。安全なところに避難してください」何度も避難のメールが発信されました。地球温暖化の影響か、今年も福岡・大分両県を中心に豪雨災害が発生しました。梅雨前線が停滞し、そこに水蒸気を大量に含む空気が次々と送られ、雨量は500ミリを超え、例年の7月分の1.5倍の雨が短時間に降りました。川は一気に増水し、山が崩れ大規模な土砂災害が発生、被害を甚大なものにしました。亡くなられた皆さんや被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。大量の土砂の撤去は大変な労力です。さらにこれからは暑さとの戦いもあり大変困難な状況が続きます。今回も大量の流木が被害を拡大しました。一層山の管理の重要性を痛感しました。羽越水害から50年の節目を迎え、災害を他人事にしないことが大切です。本町でも同じようなことが起こるかもしれないと予想し、事前の備えを強化しましょう。
 山形県では45年ぶりとなる南東北インターハイの開催が間近に迫りました。28日に皇太子殿下を迎え総合開会式が県総合運動公園で開催され、ホッケー競技の開会式はフレンドリープラザで開催されます。ホッケー競技には男子28チーム、女子20チーム、選手、監督等約820名が参加、応援や大会役員を含めると10000人の皆さんが、会場である川西町、米沢市に来訪されます。準備も最終段階に入り、高校生の祭典を盛り上げようと県内の高校生も張り切っています。28日にダリヤ園を開園、多くの皆さんを歓迎します。
 29日から競技が始まり、男子は置賜農業高校が、町ホッケー競技場で29日第3試合富山県石動高等学校と対戦、女子は米沢商業高校が30日米商ホッケー場で第2試合に出場します。川西出身の選手も多数出場しますので応援をよろしくお願いします。また他のチームの熱戦にもぜひ声援を送ってほしいと思います。
 大会パンフレットに、世界で活躍する選手が誕生することを期待しますと載せましたが、3年後の東京で活躍してほしいですね。
 猛暑がやってきます。熱中症にはくれぐれも気を付け、お元気にお過ごしください。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら