ホーム > トピックス > 川西町長だより 平成29年11月 地域おこし協力隊の活躍に期待して

川西町長だより 平成29年11月 地域おこし協力隊の活躍に期待して

 芸術文化祭、ダリヤ園、各地区秋祭りが終了し、冬支度に忙しい季節となりました。お陰様でダリヤ園は6万人を2年ぶりに超え多くのお客様に喜んでいただきました。一日一日陽が短く寒くなってきましたので、交通事故等には十分注意しましょう。運転者の皆さん、早めのライト点灯、ハイビームを活用し前方の安全確認をお願いします。
 
 町は移住定住を推進するため、国の制度を活用し地域起こし協力隊を受け入れてきました。地方での生活を希望する方を支援するため、生活費や住居費、自動車等の活動費を3年間支援しています。活動は各地区での地域活動、将来の定着を見据えた技術習得や農業研修などです。現在12名の隊員が活動していますが、県内で最大となっています。町に縁のある方もいますが、多くの隊員は川西町の存在すら知らずに応募してくれました。都会での生活に区切りをつけ、川西で生活することを決意するには色々なことがあったと思います。私も35年前東京から山形に帰ってきましたが、新生活の中で将来の不安や力不足に悩んだことを思い出します。彼らは見ず知らずの所で言葉やお付き合い、雪対策など私の何倍も苦労してきました。
 10月末に柚木大祐さん12月末に長岡義和さん長岡未実さんそして来年3月鎌田寿さんがそれぞれ3年の任期を満了することになります。彼らは川西町に定着することを目標に様々な仕事にチャレンジしています。柚木さんは茅葺き職人の道を歩みだしました。職人さんが減少する中、貴重な担い手として期待されています。長岡さんたちは陶芸をナリワイとして東沢に居を構える準備をしています。蒲田さんは農業研修生第一期生として、朴ノ沢や玉庭地区の皆さんに支援いただき農業と農業機械整備の技術を習得しようと頑張っています。皆さんはそれぞれ個性豊かで、川西町に新しい風を吹かせてくれました。そのさわやかな風を温かく受け入れていただいた町民の皆さんに心から感謝申し上げます。これからが定住への本番です。ぜひ今後とも皆様の応援をよろしくお願いします。今後も町の良さ、人の良さをアピールし次の隊員の募集を行っていきますので、彼らをめんごがってください。よろしくお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら