ホーム > トピックス > 9/6 町の限りない発展と希望に思いを込めて、60周年記念式典を挙行!

9/6 町の限りない発展と希望に思いを込めて、60周年記念式典を挙行!

 9月6日、川西町フレンドリープラザで、川西町誕生60周年記念式典を挙行しました。

 当日は、県及び近隣市町の皆様をはじめ、友好市長の皆様、そして、日ごろから本町の発展と町制運営にご尽力いただいている方々など、約500名にご臨席いただきました。

 式典は、今年で60年を迎える松謡会の祝謡で幕を開け、町の発展に多大なご貢献をいただいた2個人、2団体に対し、60周年記念表彰を授与しました。

 その後、原田町長が「この式典を契機に、時代を切り拓くパイオニアとして、活力に満ちたまちづくりに挑戦してまいります。」と式辞を述べ、加藤議長にごあいさつを頂戴し、ご来賓を代表して5名の方にご祝辞をいただきました。

町の60周年を彩る「彩りダリア」

たくさんの祝電、記念品ありがとうございました

川西町誕生60周年記念表彰受賞者
左から渡部知久平さん、社会福祉法人川西福祉会殿、医療法人社団緑愛会殿
(大河原孝一さんはご都合により欠席)

大河原孝一さんには、9月11日の小松地区敬老祝賀会にて贈呈させていただきました。

式辞を述べる原田町長

 また、町内の小中学生から「未来の川西町」をテーマとした作文を募集し、その審査結果を発表しました。
 審査の結果、最優秀賞に2点、優秀賞に10点が選ばれ、小学生の部最優秀賞の角田真紘君(吉島小6年)と中学生の部最優秀賞の山田里佳子さん(川西中1年)に作文を発表していただきました。

 たくさんの来賓の方を前に、2人は緊張しながらも、堂々と作文を読み上げてくださいました。

 表彰を受けた12名の作文については、こちらをクリックするとご覧いただけます。

 式典の締めくくりは、アトラクションとして、武者幸恵さんのアコーディオン演奏の後、サファリパークDuoによる生演奏を披露していただき、会場からは大きな拍手が送られました。

 公私ともにお忙しい中、本町の60周年を記念する式典にご臨席いただいた皆様、誠にありがとうございました。

角田真紘君(吉島小学校6年)

山田里佳子さん(川西中学校1年)

姉弟息ぴったりの「サファリパークDuo」
会場は大きな拍手で包まれました


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら