ホーム > トピックス > 12/7 飲酒運転はしない・させない

12/7 飲酒運転はしない・させない

 12月7日(月)冬の交通安全県民運動 飲酒運転撲滅巡回広報が行われました。

 まず、中央公民館にて、現在の交通事故の発生状況や、広報活動の打ち合わせを行った後、参加者が9班に分かれて、町内の飲食店や酒販売店などに出向き、飲酒運転撲滅の啓発チラシを配りながら、撲滅を呼びかけました。

 今年は、県内でも町内でも交通事故の発生や、交通死亡事故が増加しています。
 これから日没が早まってきますので、心にゆとりを持ち、安全運転を心がけましょう。

 また、年末年始を迎えるにあたり、飲酒の機会が多くなると思われます。
 飲酒運転は、本人が「しない」意識を持つことはもちろん、周囲の皆さんも「させない」意識が大切です。
 「ちょっとだけだから」という軽い気持ちが、大きな事故につながります。

 飲酒運転は「しない・させない」。
 くれぐれも交通安全に留意し、楽しい年末年始を迎えましょう。

活動について確認しています

飲食店にもご協力を呼びかけました


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら