ホーム > トピックス > 8/1 川西ダリヤ園、暑さに負けず盛大に開園

8/1 川西ダリヤ園、暑さに負けず盛大に開園

 8月1日、川西ダリヤ園の開園式を行いました。
 式典には、東京都町田市の煖エ豊副市長をはじめ、約120名に出席いただき、盛大な開園式となりました。

 原田町長が「今年は町制誕生60周年という節目の年で、ダリアに関するイベントを多数企画しています。9月25日からは、国際ダリアサミットと題し、ダリアにゆかりのある方々と一緒に、国際的にダリアをPRしていきます」とあいさつを述べ、東京都町田市の煖エ副市長からは「昨年いただいたミニダリアが、今年はより大きく咲きました。また、ダリヤ園だけでなく、東沢やんちゃ留学や地酒と黒べこまつりなど、これからも川西町と交流を深めていきたい。」とご祝辞を頂戴しました。

 また、アトラクションとして、県の無形民俗文化財に指定されている「小松豊年獅子踊」の演舞が披露されたほか、来園された方々一人ひとりに、置賜農業高校園芸福祉課の生徒たちがミニダリアを手渡しました。

 今年は、連日の猛暑のため、生育は遅れ気味となっていますが、9月中旬以降になるといダリアは見ごろを迎えます。
 「大恋愛」や「めぐり会い」などの恋愛コーナーや「男」コーナー、「女」コーナーといった特設コーナーもあります。
 また、5月下旬に小松保育園の園児が植えたダリアもいよいよ花を咲かせようとしています。

 650種類、10万本のダリアが園一面に咲き誇る情景は、直接見ていただかないと、その良さを伝えることはできません。

 11月3日までの95日間、きれいなダリアと、従業員の素敵な笑顔が来場者を迎えます。また、国際ダリアサミットをはじめ、さまざまなイベントも用意しています。

 花色、花姿、個性豊かなダリアを見に、川西ダリヤ園にぜひお越しください。
・川西ダリヤ園ポスター PDFファイル (2,533KB)
・川西ダリヤ園イベント情報はこちら! PDFファイル (2,254KB)

原田町長「国際的にダリアをPRしたい」

東京都町田市 煖エ豊 副市長

小松保育園の園児が植えたダリアももうすぐ咲きそうです

一人ひとりに手渡しで

ペロリン、きてけろくんと一緒にテープカット

8月4日には吉村知事もいらっしゃいました


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら