ホーム > トピックス > 土井匠君がスノーボードハーフパイプで日本一に!

土井匠君がスノーボードハーフパイプで日本一に!

3月30日に報告に来庁した土井匠(たくみ)君

現川西中学校3年(4月から高校進学)の土井匠君(15歳)が、3月14日に行われた「第35回全日本スノーボード選手権大会一般男子ハーフパイプの部」で優勝しました!

大会で優勝した滑りはこちらをご覧ください。
土井君は、小学5年生からスノーボードをはじめ、今年で4シーズン目。ハーフパイプをはじめてまだ3年という選手で、今シーズンから初めて大会に出場し、見事日本一になりました。土井君の武器は、高い身体能力と、高さのある技で、小国町の横根スキー場をホームとして毎日のように練習を重ねてきました。

この大会は、アマチュア選手が出場する大会で、上位3人がプロ資格を得ることができます。優勝した土井君はプロ資格を習得し、今年6月までにはプロ登録を行い、今後はプロとしてさらに練習を積んでいき、オリンピック出場を目指していくそうです。

土井君は「ハーフパイプは、高さのある技を出して会場を沸かせた時が一番楽しいです。今後は、プロ選手としてさらに技を磨き、世界の大会やオリンピックを目指していきます」と決意を述べてくれました。

土井君の今後の活躍とオリンピック選手誕生に向けて、みなさんで応援していきましょう!

全国大会表彰式にて(提供:日本スノーボード協会)


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 情報統計グループ
TEL/ 0238−42−6668
MAIL/ お問い合わせ先はこちら