ホーム > トピックス > 3/22 生まれ変わった羽前小松駅

3/22 生まれ変わった羽前小松駅

 6月に開催される山形ディスティネーションキャンペーンに合わせて改築を行っていた羽前小松駅が完成し、3月22日に竣工式典とオープニングセレモニーが開催されました。
 築87年の木造平屋で老朽化が進んでいた駅舎でしたが、宿場町の街並みをイメージしたデザインへ生まれ変わりました。
 セレモニーは、吉島の川西創作和太鼓の演奏に始まり、ラ・ダリア、山形おきたま【愛】の武将隊、川西中学校吹奏楽部のアトラクションが次々と披露され、新駅舎の使用開始を盛大に祝いました。
 また、この日は小松小学校1年の森谷玲央くんと遠藤奏奈さんが「1日駅長」に任命され、列車出発の合図を行うなど頼もしい姿を見せてくれました。

▲オープニングを飾った「川西創作和太鼓」

▲出発の合図を行う1日駅長

▲ご当地アイドル「ラ・ダリア」がデビュー曲を披露

▲「えき・まちGirls&Mens」のダンス

▲「山形おきたま【愛】の武将隊」も駆けつけ演武を披露

▲アトラクションのラストを飾った「川西中学校吹奏楽部」


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら