ホーム > トピックス > 10/19 かわにし産業フェア・たまげたほこ天同時開催

10/19 かわにし産業フェア・たまげたほこ天同時開催

 10月19日、川西町の農業・商業・工業をPRする「かわにし産業フェア2013」と、JR羽前小松駅前通りを歩行者天国にした「たまげたほこ天」が同日開催され、町中央公民館から駅前通り一体がお祭り広場となって多くの来場者で賑わいました。


 産業フェアでいちばんに目を引いたのは、5,000本のダリヤを使用した公民館の床一面に広がるダリヤカーペット。夢のような景色を目の前に、来場者は歓声を上げたり記念撮影をする姿が目立ちました。
 この日は山形おきたま【愛】の武将隊も参上し、武将隊自ら会場内のさまざまな体験コーナーにチャレンジし会場を盛り上げていました。
 他にも、かわにしダリヤ選抜総選挙、新米ふるまい早詰め競争、鉛筆削り大会など、本町ならではのユニークな企画が次々と催されました。

▲かわにしダリヤ選抜総選挙

▲新米ふるまい早詰め競争

▲刀をのこぎりに変えて、丸太早切り大会

▲ダリヤをテーマにした絵画コンクール



 また、絵画・写真コンクールで寄せられた作品の展示や、町内事業所の協力により、産業フェア〜ほこ天会場には数多くのブースが並びました。どれを食べようか、どれを見ようか迷ってしまうほど盛りだくさんの催しの数に驚きながらも、川西町の魅力や面白さを思う存分堪能できる1日となりました。


 歩行者天国となった駅前通りでは、ダリヤ太鼓によるオープニングセレモニーに続いて、置賜のよさこいチームが合同で躍動感ある踊りを披露したほか、仮装コンテストや世界記録に挑戦する30人リレーなど盛りだくさんの内容となりました。

▲躍動感のあるよさこいを披露

▲子ども向けの“ミニ企画”がいっぱい(ミニSL)


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 企画財政課 政策調整グループ
TEL/ 0238−42−6695
MAIL/ お問い合わせ先はこちら