ホーム > ダリヤ園 > ダリヤ園の歩み

ダリヤ園の歩み

〜ダリヤ園のこれまで〜

川西町は、昭和30年に一町五ヵ村が合併して誕生した緑あふれる町です。当時の町議会において、町を代表する観光地づくり、そして町民誰もが親しめる公園づくりが目指され、話し合いが進められました。
その結果、町内の「花の会」でダリヤ栽培が楽しまれていたこともあり、昭和35年1月にダリヤ園造成促進協議会が発足。置賜公園に隣接する47aの畑を譲り受け、同年9月21日、「日本唯一のダリヤ園」が開園しました。昭和50年には、町の花をダリヤに制定しました。

その後ダリヤ園の面積を100アールまで増やし、平成10年まで開園していましたが、平成11年に場所を移し、面積を拡大した4ヘクタールの敷地に現在のダリヤ園がオープンしました。

園内に咲きそろったダリア

新ダリヤ園

新ダリヤ園は、旧ダリヤ園のすぐ近くで、浴浴センター“まどか”(川西温泉)の眼下に広がります。新ダリヤ園には4ヘクタールの公園内に、650品種、10万本のダリヤが咲き競います。
町では、地元の農協をはじめ、農業改良普及センター、県立置賜農業高等学校、川西町ダリヤ会などの協力を得て、ダリヤ栽培の普及、技術研究を進めております。

ダリヤ写真 川西町ダリヤ会は、昭和29年8月、町内のダリヤ愛好者が集まって結成した「花の会」が母体です。後に「ダリヤ会」と改称して以来、ダリヤ展示会を開催し、現在では“東北ダリヤ名花展”と称し、毎年ダリヤの花の美しさを競っている他、昭和35年より米坂線羽前小松駅にダリヤの花壇を設置し、通勤客の目を楽しませたり、山形県立総合コロニー「希望が丘」の公園内花壇にダリヤを植えるなどして入所者の情操教育に一役担うなどの活動を展開しています。

県立置賜農業高等学校では平成7年にバイオテクノロジーで培養したダリヤのウイルスフリー苗の作出に成功し、ダリヤ園に定植しています。さらに、平成10年には、雪に埋もれた温室内で「超遅咲き」の冬咲きダリヤにも成功しており、バイテク技術による「超早咲き」ダリヤの成功と合わせ、同校では「年間を通して、ダリヤの咲く町にしたい」と夢を広げています。
このように川西町は、町内外より“ダリヤの里”として親しまれています。