ホーム > 子育て・健康・福祉 > 健康・医療 > 川西中学校で歯科保健教室を開催しました

川西中学校で歯科保健教室を開催しました

更新情報
6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です

川西町では、川西町健康増進計画”健康かわにし21計画”に基づき「いきいき元気な川西町」を目指して健康づくりに取り組んでおり、”歯と口の健康づくり”における取組みとして、町内小中学校において歯科保健教室を開催しています。そこで、6月4日(火)は川西中学校の全校朝会において歯科保健教室が開催されました。

歯のはたらきや歯を失う原因の第1位は歯周病、第2位はむし歯であること、これらの原因である歯垢は”うがい”ではとれないこと、中学生は奥歯が生えそろうので①よく噛んで食べること②飲み物では、甘いものや炭酸は、口の中が酸性に陥りむし歯になりやすいため水や麦茶を飲むよう心掛けること③食べたら歯をみがくこと、歯と歯の間の歯垢は糸ようじを使うこと④むし歯がなくても定期的に歯科医院で健診を受けること、これら4つのポイントについて学習しました。そして、いつでも歯を磨けるよう、キャップ付きの歯ブラシが川西町から川西中学校全校生に贈られました。

☆教室後の感想☆

1年男子「歯をしっかりみがきたい」「給食を食べたら歯を磨こうと思う」

    「ジュースにこんなに砂糖が入っているとは思わなかった」

1年女子「スポーツドリンクで歯が悪くなることを知らなかった」

2年男子「スポーツをしているので、しっかり力が入れられるよう歯を大切にしたい」

2年女子「糸ようじを使うようにしたい」

3年男子「アスリートになるために歯を大事にしたい」

    「自分の歯をしっかり守りたい」

3年女子「口の中も、手洗いと同じエチケットなので歯の健康を守るために気をつけたい」

  


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 健康子育て課 健康グループ
TEL/ 0238‐42‐6640
MAIL/ メールによるお問い合わせ