ホーム > くらし・手続き > 税金 > 令和2年度個人住民税(町民税・県民税)の課税誤りについて

令和2年度個人住民税(町民税・県民税)の課税誤りについて

更新情報
令和2年度個人住民税(町民税・県民税)の課税誤りについて

令和2年度個人住民税(町民税・県民税)について、税額の計算で誤りがあったことが判明いたしました。該当する納税者をはじめ町民の皆様には多大なご迷惑をおかけしたことに深くお詫び申し上げます。

課税誤りの概要

個人住民税額から差し引かれる住宅ローン控除(住宅借入金等特別税額控除)の額の算定におきまして、本来控除すべき金額より少ない金額を算出してしまい、結果として令和2年度分の個人住民税額を過大に通知し、その一部を納入いただいておりました。
この誤りの原因は、住民税額を計算するシステムにおいて処理誤りがあったもので、この処理を委託した業者からの報告により判明いたしました。

課税誤りの影響

令和2年度分のみに影響し、税額が過大となった該当人数は17人、税額で計283,000円を多く算出してしまいました。

今後の対応

該当する方には、7月中にお詫びの文書とともに正しい税額での通知をお送りし、そのうえで8月以降に納付いただく税額を調整させていただきます。

今後、課税誤りの再発防止に向けてチェック機能等を充実してまいります。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 税務会計課 町税グループ 住民税担当
TEL/ 0238‐42‐6622
MAIL/ メールによるお問い合わせ