ホーム > 教育・文化 > スポーツ > 置賜農業高校ホッケー部へ激励金交付

置賜農業高校ホッケー部へ激励金交付

更新情報
12月3日 全国大会出場団体激励金交付式を開催しました

12月3日(木)に、第52回全国高等学校選抜ホッケー大会に出場する置賜農業高等学校男子ホッケー部に対し、町及び町スポーツ協会より激励金が交付されました。

小野教育長からは「今年はコロナの影響によりインターハイなど全国規模の大会が中止となり残念であったが、この大会では試合ができる喜びを感じながら悔いなく最後までプレーしてほしい」、町スポーツ協会齋藤会長からは「コロナ禍の大会となるが、体調に十分気をつけいいコンディションを保ち、思いきった置農らしいプレーを期待している」と激励の言葉を送りました。

同部を代表して2年主将の小林一成さん(小松)が来庁し、「今大会は3年生とやれる最後の大会となる。保護者や指導者など関係する方々に感謝しながら全力でプレーしベスト8以上を目指したい」と意気込みを話していただきました。

 

同ホッケー部は10月30日~11月1日に開催された東北地区高等学校選抜ホッケー大会で2年連続優勝を果たし、今月23日(水)から岐阜県で行われる全国大会に出場します。

置賜農業高校ホッケー部の全国大会での活躍を応援しています。

関連ページはこちら

▲主将の小林一成さんより決意表明


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 教育文化課 スポーツ振興グループ
TEL/ 0238‐44‐2843
MAIL/ メールによるお問い合わせ