ホーム > 教育・文化 > スポーツ > 東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 川西町採火式

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 川西町採火式

イベント情報
8月16日(月)東京パラリンピック開催イベントが行われました

  8月16日(月)に東京2020パラリンピック聖火フェスティバル川西町採火式が「松光山大光院」にて行われました。

台風の影響により天候も心配されましたが、当日は天候にも恵まれ無事開催することができました。採火式では山形県指定無形民俗文化財に登録されている「小松豊年獅子踊」を、小松豊年獅子踊会・川西中学校郷土芸能クラブのみなさんより披露いただき、踊りの際に用いた火の輪から分火した火をランタンへ採火しました。

各市町村で採火した火は、天童市の山形県総合運動公園に集められ、「山形未来の火」として宣言後、開催地東京へ送り出す出立式が行われました。

 

△小松豊年獅子踊

 

△火の輪から火を分火                         △分火した火をランタンへ採火する

 

△町長のことば                             △4つの地域(村山・最上・置賜・庄内)の火を1つの火へ

 

△代表者のもとに「山形未来の火」として1つの火となる       △聖火皿へ点火

 ⇦県集火式 フォトセッション

△東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 川西町採火式 全体写真


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 教育文化課 スポーツ振興グループ
TEL/ 0238‐27‐1169
MAIL/ メールによるお問い合わせ