ホーム > 教育・文化 > スポーツ > 第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会2019」出場者

第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会2019」出場者

更新情報
【ニュース】フライングディスク競技の全国大会に63歳が初出場

10月12~14日に茨城県で開催される第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会2019」のフライングディスク競技に、齋藤正男さん(下小松)が出場します。

春に5競技(アーチェリー、陸上、水泳、卓球・STT、フライングディスク)の出場選考会が天童市で行われ、フライングディスク競技には計163名がエントリーし、その中から上位入賞5名の全国大会出場が決定しています。

今大会のフライングディスク競技は2種目あり、5mまたは7m離れた円形のゴールにディスクを10回投げてその通過数を競う「アキュラシー」と、ディスクを3回投げてもっとも遠くに飛んだ距離を競う「ディスタンス」があり、齋藤さんはアキュラシーディストリー(5m)とディスタンス男子立位に出場します。

齋藤さんは、7月から強化練習会を重ねながら大会に臨みます。応援をよろしくお願いします!

フライングディスク競技に出場する齋藤正男さん

▲フライングディスク競技に出場する齋藤正男さん

競技を始めたのは2年前。ちょっとした空地でもできて運動にもなることから楽しく取り組んでいらっしゃるとのこと。「まっすぐ飛ばすことが難しいが、成功したときは楽しい」と競技の魅力をお話いただきました。


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 生涯学習課 生涯学習グループ
TEL/ 0238‐44‐2843
MAIL/ メールによるお問い合わせ