ホーム > 町の情報 > 広報・広聴 > 6月27日 吉島小児童が伝統野菜うこぎの摘み取り体験

6月27日 吉島小児童が伝統野菜うこぎの摘み取り体験

更新情報
【ニュース】吉島小児童が伝統野菜うこぎの摘み取り体験

うこぎ摘み取り

▲楽しみながらうこぎを摘み取る児童たち

 

6月27日(木)、吉島小学校3年生15人がうこぎの摘み取りを体験しました。

うこぎは、とげがあり非常食にもなることから江戸時代に上杉鷹山公が垣根として植栽を推奨した伝統野菜です。

ほろ苦さが清々しく、天ぷら・おひたし・ごはん・パスタなど調理法も幅広いため多くの家庭で重宝されています。

新芽が出るこの時期に和田弘子さん(吉島)の畑で毎年行われるこの取り組み。小学生たちは手袋の上から少し刺さるとげに苦戦しながらも、楽しく袋いっぱいに摘み取っていました。

摘んだうこぎは児童たちが持ち帰って家で美味しくいただくそうです。

集合

畑の前で説明を受ける

指導を受ける

実際に摘み取り方を教わりながら


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ まちづくり課 企画調整グループ
TEL/ 0238‐27‐1133
MAIL/ メールによるお問い合わせ