ホーム > 産業・しごと > 農林業 > 次世代へのバトンを

次世代へのバトンを

更新情報
農業経営改善計画認定書交付式を行いました。

令和2年6月18日(木)、農業経営改善計画認定書交付式(いわゆる「認定農業者」の認定書交付式)を行いました。

新たに認定を受けたのは20代から50代の若い8名の農業者です。

 

このうち、5名は経営移譲による新規認定となり、これまで家族で培ってきた農業経営に係るバトンを引き継ぐこととなりました。

 また、新規就農者を経て新たな目標を掲げた方、兼業農家から専業農家へ気持ちを新たにした方、家族経営の法人化を図った方など、様々な立場から本町の基幹産業である農業の担い手となるべく志を新たにした方々です。

 

現在、新型コロナウイルス感染症の影響により経済が低迷しており、終息まで長期になることが予想されています。

農業分野にも大きな影響が出ていますが、人は「生きる」ために「食べる」ことが必要です。その土台を支える農業を次世代につないでいくため、本町では最大限支援していきます。

 

※「認定農業者」は農業経営基盤強化促進法に基づく農業経営改善計画の認定を受けた農業者であり、自らが掲げた5年後の目標達成に向け農業経営の改善に取組みます。

※「認定農業者」になることで、国等から融資・補助金・税制等の支援を受けることが可能となります。

 

詳しくは農林水産省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

経営移譲による新規認定者

町長を囲む新規認定者


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 産業振興課 農業企画グループ
TEL/ 0238‐42‐6642
MAIL/ メールによるお問い合わせ