天神森古墳

山形県指定史跡 天神森古墳

天神森古墳

上空から見た天神森古墳

 (昭和58年撮影/現在は画面上方にフレンドリープラザが建つ)

 

天神森古墳は、町フレンドリープラザ北側に位置する前方後方墳です。

県内の確かな古墳では、南陽市の稲荷森古墳(前方後円墳/全長96m)に次ぐ大きさで、全長75.5mを測ります。

三味線の撥(ばち)の形をした前方部を持つ古いタイプの前方後方墳といわれ、発掘調査では、墳丘を囲む濠跡から、底に孔を開けた儀式用の壺(底部穿孔壺型土器)が見つかっています。築造された年代は古墳時代前期の4世紀前半と考えられています。

 

天神森古墳底部穿孔壺

周濠から出土した底部穿孔壺型土器

 


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 生涯学習課 生涯学習グループ
TEL/ 0238‐44‐2843
MAIL/ メールによるお問い合わせ