ホーム > 町の情報 > 政策・計画 > 川西町メディカルタウン

川西町メディカルタウン

更新情報
川西町メディカルタウンに関する情報を更新しました。(令和4年6月15日)

 本町では、人口流出抑制・流入促進、地域経済の活性化を目標とする「第2期川西町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、メディカルタウン整備(公立置賜総合病院周辺土地利活用)をリーディングプロジェクトに位置付け、しごとの創生、ひとの創生、まちの創生を推進しています。
 

※各項目をクリックすると記事にジャンプします。

1.メディカルタウン整備の概要

2.整備状況

 (1)商業区域

 (2)住宅区域

 (3)公共区域

3.関連計画

 

メディカルタウン整備の概要

概要1概要2

川西町メディカルタウン整備の概要PDFファイル(1349KB)

 

(1)整備コンセプト
 メディカルタウン整備は、公立置賜総合病院が置賜地域の中核医療施設として発展するための医療、住宅、商業などが融合した都市的機能を持つ新エリアを形成し、定住人口の創出と交流人口の拡大を目的としています。

(2)計画地の特性
●医療機関が立地する安心感
 高度医療機関である公立置賜総合病院・救急救命センターおよび一次診療機関が立地し、いざというときに近所に医療機関があるという安心感が得られるエリアです。

●交通アクセスの優位性
 公立置賜総合病院周辺は置賜圏域の中心に位置し、国道113号、国道287号長井南バイパス、整備が進む新潟山形南部連絡道路(梨郷道路)の結節点としての地理的優位性を有するエリアです。

●都市的機能整備による利便性
 医療、住宅、商業が融合した都市的機能の整備を行うことにより、利便性がさらに高くなるとともに、町の魅力アップにつながり人の流れを呼び込めるエリアになると期待されます。

●災害時における安全性
 メディカルタウンはハザードマップ上、集中豪雨時による想定浸水深度が0.5~3.0mと示されています。
 今後、盛土造成を行うことにより、想定浸水深度が今以上に改善されるエリアです。

(3)整備により得られる効果
●交流人口の創出(人が集まる)
 公立置賜総合病院は、病院従事者、通院等により毎日2千人以上の交流人口があります。
 今後メディカルタウンの整備により、一次診療機関に来られる方、新しい住宅地に居住される方、商業施設に買い物に来られる方など、交流人口の増加が見込まれます。

●雇用の創出(仕事が生まれる)
 医療機関と商業施設を誘致することにより、新たな仕事(雇用)が創出されます。
 医療機関はすでに3つの診療所(おきたまフラワークリニック、いなげ内科呼吸器内科医院、置賜・整形外科まつきクリニック)と調剤薬局(なないろ薬局)が開業しています。商業施設はスーパーマーケットが令和5年春以降、ドラッグストアが令和4年秋以降に開店予定であり、残る区画については、小売店や飲食店、ビジネスホテル等の誘致を目指し、誘致活動を行っています。

●都市的機能の形成(新しいまちができる)
 公立置賜総合病院周辺に一次診療機関が立地し、若者世帯が定住できる住宅地が整備され、生活に必要なスーパーマーケットを核とした商業施設が複数整備されることにより、都市的機能を有するメディカルタウンを形成します。

 

整備状況

配置計画図

メディカルタウン配置計画図PDFファイル(572KB)

全景1

【令和2年6月4日撮影】

全景2

【令和4年4月27日撮影】

 

(1)商業区域

 商業区域(約3.8ヘクタール)は、民間開発事業者が事業主体となり整備を進めています。
 以下の事業者の進出が決定しており、残る区画については誘致活動を継続中です。

【商業区域】

 ●ヤマザワ(スーパーマーケット)     【令和5年春以降開店】

 ●ツルハドラッグ(ドラッグストア)    【令和4年秋以降開店】

【医療ゾーン】

 ●おきたまフラワークリニック(内科・外科)【令和2年7月1日開業】

 ●いなげ内科呼吸器内科医院        【令和4年6月1日開業】

 ●置賜・整形外科まつきクリニック     【令和4年6月1日開業】

 ●なないろ薬局              【令和4年6月1日開業】

商業北側

【商業区域北側・医療ゾーン(令和4年4月27日撮影)】

おきたまフラワークリニックいなげ内科呼吸器内科医院

【左:おきたまフラワークリニック】【右:いなげ内科呼吸器内科医院】

置賜・整形外科まつきクリニックなないろ薬局

【左:置賜・整形外科まつきクリニック】【右:なないろ薬局】

 

(2)住宅区域

 住宅区域(約3.0ヘクタール)は、北側(約0.7ヘクタール)を先行し整備を進めています。周囲には医療機関や商業施設、飲食店が立地し、交通アクセスもよいエリアです。
 令和2年度に山形県住宅供給公社と協定を締結し、町と同公社の連携により整備を行っており、令和4年度秋の分譲開始を予定しています。
 なお、エリア南側は梨郷道路の供用開始(令和5年度)後の整備を予定しています。
 

 ●愛 称 「メディカルタウン 虹のみえる丘」

 ●区画数 17区画

 ●敷地面積 265.08平方メートル(80坪)~428.85平方メートル(129坪)

 ●分譲価格 487.6万円~795.6万円

 ●分譲開始時期 令和4年秋(予定)

 ●申込方法 決まり次第お知らせします。

 ●売 主 山形県住宅供給公社(同公社ホームページへリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます
  
  分譲に関する情報はこちら(別ページへリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

分譲地概要

住宅区域

【住宅区域北側(令和4年4月27日)】

 

(3)公共区域

 現在、公共施設整備基本計画を策定するための準備を進めています。公共施設には子育て機能、交流機能、健康づくり機能、防災機能などを想定しています。

 

関連計画

【概要版】公立置賜総合病院周辺整備基本計画・実施計画PDFファイル(629KB)
【本編】公立置賜総合病院周辺整備基本計画・実施計画PDFファイル(1878KB)


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 政策推進課 地方創生グループ
TEL/ 0238‐42‐6604
MAIL/ メールによるお問い合わせ