ホーム > 産業・しごと > 農林業 > 伐採及び伐採後の造林の届出制度

伐採及び伐採後の造林の届出制度

更新情報
伐採及び伐採後の造林の届出制度

 森林の立木を伐採するときは、事前に『伐採及び伐採後の造林の届出書』を提出すること、伐採後の造林が完了したときは、『伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書』を提出することが、法律で義務付けられています(森林法第10条の8)。

 地域森林計画の対象となる民有林での森林施業が、川西町が策定する森林整備計画に沿っているか、伐採後の更新が確実であるかを確認するためのものです。

 地域森林計画の対象となる民有林かの確認は、農地林務課までお問い合わせください。

1.届出が必要な場合と届出人

届出が必要な場合

届出人

森林所有者が自ら伐採する場合
森林所有者が他者に作業を請け負わせて伐採する場合

森林所有者が届け出ます。

伐採業者等が立木を買い受けて伐採する場合

森林所有者と伐採業者等が連名で届け出ます。

2.提出する書類と時期

(1)『伐採及び伐採後の造林の届出書』  様式【Word】ワードファイル(19KB) 記載例【PDF】PDFファイル(451KB)

 森林経営計画に基づく伐採

  伐採又は造林後30日以内 

 上記以外の伐採 

  伐採を始める90日から30日前まで

 

 添付書類

  ・伐採する森林の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を記入ください。)

   育成林の皆伐後に天然更新を計画する場合のみ

   ・チェックシート(有資格者の適正確認を受けたもの)

 様式【Word】ワードファイル(36KB)

※有資格者・・・森林施業プランナー、林業普及指導員、森林総合鑑定士の登録を受けた者など。
        詳しくは、置賜総合支庁森林整備課(0238-26-6065)までお問い合わせください。

 

(2)『伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書』 様式【Word】ワードファイル(35KB) 記載例【PDF】PDFファイル(159KB)

 伐採及び伐採後の造林の届出書を提出した方
 (間伐などの造林計画を要しない場合を除く)

造林(天然更新)又は森林以外への用途変更が完了した日から30日以内

 

3.提出が必要ではない場合(一部)

  • 地域森林計画の対象となる民有林以外の場合
  • 林地開発の許可を受けた場合
  • 自家用林として指定を受けた森林を伐採する場合
  • 倒木・枯死木などを伐採する場合
  • 除伐をする場合

4.伐採に係るその他の届出について

以下の行為を行う場合は、山形県知事の許可が必要です。詳しくは、置賜総合支庁森林整備課(0238-26-6065)までお問合せください。

(1)1haを超える林地開発を行う場合

(2)保安林の伐採を行う場合


この記事に関するお問い合わせ先

担当課/ 農地林務課 農村林務グループ
TEL/ 0238‐42‐6646
MAIL/ メールによるお問い合わせ